review

愛する人とやりたいことをやる「まれ」149話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)9月18日(金)放送。第25週「秒読みコンクールケーキ」第149話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 一木正恵
愛する人とやりたいことをやる「まれ」149話
「まれメモリアルブック」NHK出版

149話は、こんな話


一徹(葉山奨之)は所沢へ徹(大泉洋)を探しに行く。希(土屋太鳳)は圭太(山崎賢人)と海で夢について語り合う中、ついに自分のつくるべきケーキを見つける。

今日も、進展遅め


今週は本当に進行がゆったりです。
圭太が博之(板尾創路)と、一徹が徹と、男子が長年反発していた父と向き合うとする気持ちを大事に描いているとはいえ、速くて派手な展開に慣れてしまったカラダには、今週のエピソードは少々おとなしいかも。
と、なにかとマイナスなことを探そうとしてしまうのは、「まれ」を見ていてカラダがそういうふうに慣らされてしまったから? だが、そんな世の中の意地悪な目線をものともせず、「まれ」の登場人物たちはただただ純粋に、愛する人とともに生き、やりたいことをやろうとし続けます。

希と圭太が、海岸のやぐらのところで語り合うシーンは爽やか。
希は、ただの「だらふわ」と思っていた圭太が、意外としっかりしていたことに感心します。この「だらふわ」は26話で、希とみのりが圭太について語り合ったときに登場する言葉。あのときもやぐらに上って、希とみのりは圭太のことを考えていました。希は圭太に告白して振られてしまっていたのですよね。なつかしー。
思い出の場所で、いま、希と圭太は肩を並べて、夢を見る。希と圭太が十代のときからずっと、お互いの夢をリスペクトして、支えあっているふたりを見て、サン=テクジュベリの有名な名言「愛とはお互いを見つめ合うことではなく、ともに同じ方向を見つめることである」が思い浮かびました。

あわせて読みたい

  • 未練がましいのは男「まれ」147話

    未練がましいのは男「まれ」147話

  • 希のケーキが貧乏臭い「まれ」146話

    希のケーキが貧乏臭い「まれ」146話

  • 土屋太鳳の欲望「まれ」145話

    土屋太鳳の欲望「まれ」145話

  • なぜつっこまれるのか「まれ」144話

    なぜつっこまれるのか「まれ」144話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年9月19日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース