review

希が乗った神輿を男たちがマッチョではない上腕で揺らしている「まれ」151話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)9月21日(月)放送。第26週「希空ウエディングケーキ」第151話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出: 渡辺一貴
希が乗った神輿を男たちがマッチョではない上腕で揺らしている「まれ」151話
「まれメモリアルブック」NHK出版

151話は、こんな話


希(土屋太鳳)のブログに、「貝殻おじさん」のハンドルネームで書き込みがあった。貝殻といえば、徹(大泉洋)がかつて考えた貝殻ビジネスを連想させる。父が生きていたことに喜びと複雑な気持ちを抱きつつ、いよいよコンクール当日。希の前に、師匠・大悟(小日向文世)が立ちふさがった。

今日の、勝手に名言


「叩きのめしてやる」(大悟)
小日向文世が出てくると、俄然締まる「まれ」。
ついに希と世界一を目指して闘う、その宣言が、↑この台詞です。
小日向さんの瞳も声も、弦をおそるおそる弾いたように揺れていて、「叩きのめしてやる」の響きはスネ夫的というか、無理して俺様感出しているふうに聞こえるのですが、大悟的には多分本気。その見た目と中身の噛み合なさを人間の奥深さに転化してしまうベテランのテクニックを、151話でも、短時間で存分に発揮しています。
己のケーキへの執念を希という好敵手によって燃やすことと、能登で暢気にしている希をたきつけることの一石二鳥を選んだ大悟。さすが、何かを得る為には何かを捨てろ、と言いながら、ケーキも家族も獲得している凄いやつ!

今日の、つっこ「まれ」


徹に違いないハンドルネーム「貝殻おじさん」に激しくつっこむ一徹(葉山奨之)。視聴者の楽しみを奪った一徹のせいで、もう書くことがありません。しょぼん。

あわせて読みたい

  • 愛する人とやりたいこと「まれ」149話

    愛する人とやりたいこと「まれ」149話

  • あー結婚したい「まれ」148話

    あー結婚したい「まれ」148話

  • 未練がましいのは男「まれ」147話

    未練がましいのは男「まれ」147話

  • 希のケーキが貧乏臭い「まれ」146話

    希のケーキが貧乏臭い「まれ」146話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年9月22日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    まれ

    まれ

    『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。