review

大陸を黒く染める『デスメタルアフリカ 暗黒大陸の暗黒音楽』これはヤバイ

日本、インド、中国、インドネシア、イスラエル、アラブ首長国連邦と、世界のヘヴィメタル事情を取材した『グローバル・メタル』(08年、カナダ)なんてドキュメンタリー映画があるように、メタルはいまやグローバルな音楽ジャンルの1つとして確固たる地位を築いている。
大陸を黒く染める『デスメタルアフリカ 暗黒大陸の暗黒音楽』これはヤバイ
世界過激音楽Vol.1『デスメタルアフリカ 暗黒大陸の暗黒音楽』(ハマザキカク著、パブリブ)

ゆえに、メタルバンドとそのファンは、世界中のあらゆる場所にいる。しかし中には、メタルをまったくイメージさせない国もまたある。おそらくその代表格といっていいのがアフリカだろう。その理由を考えるに、「現代のブラックミュージック=ヒップホップ」というイメージが強いこと、それから黒人がメンバーにいるメタルバンドが圧倒的に少ないことなどが挙げられる。ぱっと思いつくところで、ベテランB級スラッシュメタルバンドHiraxとか、「黒いアイオミ」の異名を持つ黒人ギタリストを擁するドゥームメタルバンドIron Manとか、カルトなブラックメタルバンドBlasphemyとか……その程度である(知識不足)。

しかし、世界は広い。「アフリカにだってメタルバンドはいるぞ!」と高々に宣言する一冊のガイド本によって、その偏見を改めることとなった。

メタルのグローバル化を促したインターネット


『デスメタルアフリカ 暗黒大陸の暗黒音楽』は、文字通りアフリカのメタル事情についてまとめた本である。本書によれば、特に2000年代中盤以降、サブサハラ諸国の資源バブルに伴い、アフリカのメタルシーンも活気を帯び始めたという。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース