review

流産は誰のせいでもない『透明なゆりかご』作者に聞く

“産んだら全員が幸せになれるわけではない”という産婦人科の現実を描き続ける漫画がある。「ハツキス」(講談社刊)で連載中の『透明なゆりかご』だ。准看護学生だった1997年頃にアルバイト先の産婦人科で見たものをベースにした実録モノ。2巻発売に際し、作者の沖田×華(おきた・ばっか)さんに話をうかがった。
(以前のインタビューはこちら)
「母体から出された中絶胎児を専用のケースに移して、業者さんに渡すだけです」産婦人科実録作者に聞く1
生まれたばかりの我が子を見て「ハズレだ」と言った母親の心理。産婦人科実録作者に聞く2
『透明なゆりかご』(沖田×華/講談社刊)

出産はゴールではない


──1巻は中絶の話を軸に、産まない選択をした人の話が中心でした。一方2巻は母親にまつわる話が多い印象です。これは意図したものですか?
沖田 いいえ、全然。「母性とは何なのだろう?」とずっと考えていく中で、“お母さん”という存在の大きさに気づいたからだと思います。妊娠した人の中には中絶した人もいるし、産んだ人もいます。産んだ人の中にも幸せな人もいれば、そうでない人もいる。本当にそれぞれで、「産んだはいいけれど、それでそのお母さんになった人たちは本当にその幸せなのかしら」というのを描きたかったんです。
──作中には娘に売春まがいのことをさせる母親も登場しますよね。
沖田 そうですね。栗山さんのお母さんを見た時、産みっぱなしってあるんだと驚いたことを覚えています。私は、彼女にとって出産はゴールだったのではないかと思っているんです。

この記事の画像

「流産は誰のせいでもない『透明なゆりかご』作者に聞く」の画像1 「流産は誰のせいでもない『透明なゆりかご』作者に聞く」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク