review

新次郎ったら嬉しさダダ漏れ「あさが来た」54話

朝ドラ「あさが来た」(NHK 月〜土 朝8時〜)11月28日(土)放送。第9週「炭坑の光」第54話より。原案:古川智映子 脚本:大森美香 演出:新田真三
新次郎ったら嬉しさダダ漏れ「あさが来た」54話
NHKドラマガイド「連続テレビ小説 あさが来た」Part1 NHK出版

54話は、こんな話


突然、九州にやって来た五代友厚(ディーン・フジオカ)は、あさ(波瑠)がおそれを見せず前を歩む者「ファースト・ペンギン」に例えて励ますと、去って行った。
その後、しばらくぶりに大阪に帰ったあさは、久しぶりの新次郎(玉木宏)との再会を喜んだのもつかの間、正吉(近藤正臣)が家族や番頭、女中を集めて、隠居すると言い出した。

素敵な男のひとばかり


ペンギンの説明に、ものすごいクオリティーの高いアニメが、しかもけっこう長い尺で使われていて、びっくりぽん。
そのペンギンの話であさを励ます五代といい、あやしいBGMで「新次郎さんは元気だすか?」と謎の言葉を発するサトシ(長塚圭史)といい、あさのまわりには突拍子のない謎の男がいっぱい。
五代は、あの帽子と洋服から、どうも魔法使いに見えてならない。この世のひとではない、あさを助けてくれる存在のようだ。話すだけ話して馬でさっさといなくなるって・・・。まあ、そうでもしないと、あまりにも都合が良過ぎるが。
五代はもしくは「キャンディキャンディ」の丘の上の王子様かアルバートさん(同じか)。新次郎の涼し気なお顔は大和和紀の絵のようだが、ディーン・フジオカの黒めがちの大きな瞳はいがらしゆみこの漫画のようだ。

五代の勢いが止まらないが、あさはきっぱり「うちのフレンド」と言う。あさはやっぱり新次郎が大事。あさが大阪に帰ってきて、新次郎に抱きしめてもらうシーンは、あさの嬉しい表情が真に迫っていて、お姫様抱っこ回に追随しそうなキュン度の高さ。

あわせて読みたい

  • 女で大阪にこだわる「あさが来た」52話

    女で大阪にこだわる「あさが来た」52話

  • 操を立て過ぎ新次郎「あさが来た」51話

    操を立て過ぎ新次郎「あさが来た」51話

  • 萬田久子の高笑い「あさが来た」50話

    萬田久子の高笑い「あさが来た」50話

  • 五代はあさが好き「あさが来た」49話

    五代はあさが好き「あさが来た」49話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2015年11月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュース

    次に読みたい関連記事「半分、青い。」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュース

    次に読みたい関連記事「ひよっこ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    あさが来た

    あさが来た

    『あさが来た』は幕末から明治、大正の時代に活躍した実業家・広岡浅子をモデルにしたNHK連続テレビ小説。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース