review

映画版「ドラえもん」が遂に蘇った「新・のび太の日本誕生」はリメイクの理想型だ、泣いた

       

リメイク版ドラえもん映画は感動させすぎ!


毎年恒例・春のドラえもん映画が公開された。

2005年に大山のぶ代さんをはじめとする旧・声優陣から、水田わさびさんたち新・声優陣に交代して以降の映画シリーズは、オリジナル作品と旧作のリメイクが半々くらいのペースで製作されているが、今年は後者。

1989年に公開された「のび太の日本誕生」のリメイク版「新・のび太の日本誕生」なのだ。
映画版「ドラえもん」が遂に蘇った「新・のび太の日本誕生」はリメイクの理想型だ、泣いた
とってつけたような「感動させるため」の感動シーンは特にないのに、こんだけ泣かせてくれるとは……

原作者である藤子・F・不二雄先生が亡くなって以降、原作ナシのオリジナル映画の方は、天才的ストーリーテラー・F先生を欠いた状態での映画制作に毎回苦労している様子。

F先生が亡くなった直後あたりの……正直、グズグズな映画ばっかりだった時期から比べると、最近はだいぶマシになっているものの、それでもまだまだF先生の作りあげてきた作品のクオリティには届いていないというのが、毎年欠かさずドラえもん映画を見続けているボクの実感。

一方、F先生の原作を使用したリメイクは、ストーリー完成度の高さが保証されているから安心! ……というわけでもないのが悲しいところ。

もちろん、ドラえもん映画は子どもたちのもの。おっさんのノスタルジーのために作られるべきではないので、原作そのまんま、旧・映画版そのまんまで作って欲しいといってるわけではない。

ただ、原作にアレンジを加えるにあたって、ピクサーアニメなどでありがちな、過剰な「感動させてやろう」要素を詰め込みすぎている感じがするのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月10日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。