review

「ごきげんよう」最終回。独りのサイコロトークと明かされたCOROZOの正体

小堺「昨日は特番(ごきげんようゴールデンSP)もやっていただいて。特番で予算を使いましたので、今日はゲストを呼べないというわけで……えー……私が1人でやると(笑)」

生放送。ゲスト無し。台本無し。『ごきげんよう』の最終回は、小堺一機、たった1人のサイコロトークで始まった。
「ごきげんよう」最終回。独りのサイコロトークと明かされたCOROZOの正体
イラスト/小西りえこ

小堺さん1人だけのサイコロトーク


用意されたサイコロの目は「情けない話」「恥ずかしい話」「初めて○○した話」「忘れられない話」「危機一髪」「恋の話」。定番の6つのお題で、当たり目が無いのはサイコロトーク開始当初を思い出させる。

ちなみに、『ごきげんよう』開始当初はサイコロも客席も無く、『徹子の部屋』のようにゲストと1対1で話すトーク番組だった。スペシャル企画で実験的に行われた「サイコロトーク」が好評になり、以後25年以上の長きに渡りサイコロが振られ続けることになったのだ。その回数はこれまで19459回!

小堺「投げるってね、ドキドキするよね……はいお願いしまーす!(サイコロ投げる)♪何が出るかな?何が出るかな?」

自分で投げて、自分で歌う。いつもの「何が出るかな」が聞けるのも今日が最後。この日で出た目は「忘れられない話」「初めて○○した話」、最後は「恋の話」の3つ。

小堺さんはサイコロを投げ終わってもソファに座らない。お客さんの前に立ったまま1人で喋り続ける。31年前『いただきます』司会のオファーを「ドッキリ」だと思った話、最初の師匠である勝新太郎に初めて会った時の話、奥さんとの出会いの話……。身振り手振り、顔の表情、リアクション、モノマネも交え、軽妙な話術で笑いを取っていく。

あわせて読みたい

  • 小堺がピンの仕事来ないと言われた理由

    小堺がピンの仕事来ないと言われた理由

  • 黄金時代のフジ名物Dが今の凋落を憂う

    黄金時代のフジ名物Dが今の凋落を憂う

  • TVプロデューサー井原高忠のすごい功績

    TVプロデューサー井原高忠のすごい功績

  • 本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」

    本日テレフォンショッキングで初の競演、タモリと萩本欽一。初対面は「げっ、玄関の前にタモリがいます!」

  • レビューの記事をもっと見る 2016年4月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら