review

もう業界ドラマに恋愛はいらないのか「重版出来!」8話

先週書いた記事「『重版出来!』が『期待外れだった』と言われてしまう理由を考えてみた」異様に大きな反響をいただいたのだが、毎週褒めているときはノーリアクションなのに、ネガティブな記事にはすごく反応されてちょっと複雑な気分。

さて、『重版出来!』先週放送の第8話を振り返ってみよう。和田編集長(松重豊)をメインに据えてはいるが、今回はいつにも増して群像劇らしく、原作にある小さなエピソードを幾重にも積み重ねて紡ぎ上げられている。中心を貫いているのは「本」への賛歌だ。

第8話を腑分けしてみると以下のようになる。
・消えたマンガ家・牛露田獏とその娘のエピソード
・消えゆく街の小さな書店・キタノ書店のエピソード
・連載を目指す新人マンガ家・中田伯のエピソード

さらに、ネットでの批判を見て落ち込むマンガ家、少女マンガに人生を救われた書店員、書店でつば競り合いを続ける営業部員などが絡んでいく。それぞれのエピソードをつないでいくのが、主人公の黒沢心(黒木華)と出版不況に頭を悩ませる和田編集長というわけだ。
原作ではそれぞれ独立したエピソードを寄木細工のように組み合わせ、それでいてエモーショナルに仕上げる脚本家・野木亜紀子の手腕は見事の一言。

藤子不二雄A先生のマンガは時を超える


天才ギャグマンガ家・牛露田獏(康すおん)は大ヒットの後、身を持ち崩して侘しい暮らしを送っていた。一人娘のアユ(蒔田彩珠、『ゴーイング・マイホーム』で阿部寛の娘役をやっていた子)は母(赤江珠緒)を亡くし、酒に溺れて働きもしない父に愛想をつかしている。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「漫画」に関する記事

「漫画」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「漫画」の記事

次に読みたい「漫画」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

重版出来!

重版出来!

週刊マンガ雑誌の新人女子編集者たちの奮闘を描くドラマ『重版出来!』のレビュー

お買いものリンク