review

「真田丸」42話。哀川翔、阿南健治、岡本健一…豊臣軍のクセが凄い、そして大泉洋の信之が深い

NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
10月23日放送 第42回「味方」 演出:木村隆文
「真田丸」42話。哀川翔、阿南健治、岡本健一…豊臣軍のクセが凄い、そして大泉洋の信之が深い
写真提供NHK

あの者たちはいまの境遇からはいあがろうとしてここに集った
むりやり駆り出された徳川の兵たちとはそこが違う

この戦十分勝てる

(幸村・堺雅人)

ドラマでは希望の船出が目前。
撮影自体はついにクランクアップ。放送は、最終回の12月18日まで(42回も入れて)残り9回! 本日放送の43回からだと8回!
全編のクライマックスにわくわくしながら、でも来るべき丸ロスの恐怖に怯えながら、42回を振り返ろう。

来るべき大坂の陣に向けて徳川勢と豊臣勢の状況をいまいちどていねいに紹介してみた回という感じでややまったり。裏で白熱野球も行われていたため視聴率もちょっと低かったが、なかなか味わい深いエピソードが満載だった。
茶々(淀・竹内結子)と幸村(堺雅人)が14年ぶりの再会。幸村の相部屋問題。からの、誰が豊臣の総大将になるか問題。五人衆誕生。徳川家康(内野聖陽)の老い。次世代の若者たち。信之(大泉洋)と作兵衛(藤本隆宏)・・・などをときにシリアスにときにコミカルに描きながら、今後活躍する顔ぶれをもれなく魅力的に紹介していた。
「真田丸」42話。哀川翔、阿南健治、岡本健一…豊臣軍のクセが凄い、そして大泉洋の信之が深い
写真提供NHK

演出はメインディレクターの木村隆史。重要な回をほぼ担当してきた木村によって、各々の思惑や関係性がじわじわと出ていた。
例えば、新キャラのひとり、幸村と相部屋になった長宗我部元親の息子・盛親(阿南健治)が強面に見えて、実は・・・というエピソード。

あわせて読みたい

  • 「真田丸」誰が秀吉を殺したのか

    「真田丸」誰が秀吉を殺したのか

  • 「シン・ゴジラ」と比べたい「真田丸」

    「シン・ゴジラ」と比べたい「真田丸」

  • 誰が本心を見せているのか「真田丸」

    誰が本心を見せているのか「真田丸」

  • 水垢離・石田三成「真田丸」25話

    水垢離・石田三成「真田丸」25話

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年10月30日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュース

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    真田丸

    真田丸

    NHK大河ドラマ「真田丸」

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース