review

第16回「IPPONグランプリ」徹底解説。川島「今夜バカリズムを抱きます」バカリ「いい女みたい」

藤田ニコル「(オープニングで注目選手を聞かれ)あの、“麒麟で〜す”って言う人がいい〜」
麒麟・川島「僕で合うてます?」

10人の芸人が大喜利で頂点を争う11月19日放送『IPPONグランプリ』(フジテレビ系列)。
第16回の今回は、ふかわりょう、ロッチ中岡、永野の3人が初参戦し、IPPONスカウトからはとろサーモン久保田が進出。迎え撃つのは優勝経験者5名と、前回のIPPONスカウト優勝者・麒麟川島である。
第16回「IPPONグランプリ」徹底解説。川島「今夜バカリズムを抱きます」バカリ「いい女みたい」
イラスト/小西りえこ

Aブロック:バカリズムがサドンデスで……!


Aブロックは、バカリズム、ふかわりょう、千原ジュニア、永野、秋山竜次(ロバート)の5人。

優勝経験のあるバカリ、ジュニア、秋山が最初から順調に飛ばす。3問目の「写真で一言ルーレット」が終わった段階で永野とふかわが2本のところ、バカリ・ジュニア・秋山は7本で横並び。これには実況の榎並アナも「ベテラン勢が1本を取っていきます!」と興奮。しかし、ふかわりょうは芸歴22年。実は秋山よりも先輩なのである。

そのふかわが覚醒したのが4問目「犬の100倍の嗅覚を持っている たかし君の悩みを教えて下さい」だった。

・CIAからの執拗なメール
・麻薬犬の手抜きがわかってしまう
・感情にも匂いを感じ、「葛藤」が苦手

この問題だけで4本もIPPONを獲得し、チェアマンの松本人志も「インテリジェンスな答え」と感心。『内村プロデュース』を思い出して胸が熱くなったテレビっ子も多かったろう。

あわせて読みたい

  • 陰陽頂上決戦 IPPONグランプリ徹底解説

    陰陽頂上決戦 IPPONグランプリ徹底解説

  • バカリズムと板尾、今夜「IPPON」対決

    バカリズムと板尾、今夜「IPPON」対決

  • 白熱「IPPONグランプリ」解説してみた

    白熱「IPPONグランプリ」解説してみた

  • 「D関」知らないお笑いファンはいない

    「D関」知らないお笑いファンはいない

  • レビューの記事をもっと見る 2016年11月20日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース