review

「真田丸」46話。あのとき信之はどう思っていたのか、台本には書いてあった

NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
11月19日放送 第46回「砲弾」 演出:保坂慶太
「真田丸」46話。あのとき信之はどう思っていたのか、台本には書いてあった
写真提供/NHK

仕掛けが好きな「真田丸」


先日、最終回のサブタイトルは無題となったと報道された。もうずっと「真田丸」には不意をつかれることばかりで、それが楽しみだったので、サブタイトル無題の件も当日まで伏せていてほしかった気もしないでないが、きっとさらに意表をついてきて、オンエアでは大騒ぎになることだろうと期待している。

ゆめゆめ本心を言葉にしないこと


それが「真田丸」の面白さのひとつで、46回でも茶々(竹内結子)の本心のわからなさが描かれた。妹の初(はいだしょうこ)が「あの人(茶々)が死にたがっているように思えてならないのです。心のどこかでこの城が焼け落ちるのを待っているように。私たちの父も母も城と共に命を絶ちました。姉も自分も同じ定めであるとなかば信じております」と語りかけると幸村(堺雅人)は「そのようなことは一言も」と驚く。すると初は「本心を語る人ですか?」と切り返す。確かに彼女は、秀吉への感情といい、本心の読めない人だった。

狂おしい思いを抱いているかもしれない


茶々が幸村とふたりきりになったとき、城など要らない、秀頼と源次郎さえいれば、みたいなことを言って幸村にたしなめられる。外ではきり(長澤まさみ)が控えていて、彼女もまた珍しく何も言わない。見る者に想像させる三谷幸喜の脚本。実際のところ、脚本ではどうなっているのだろう? 「真田丸」にかぎらず、テレビ局では、テレビ雑誌をはじめ様々なマスコミが記事を書くために、脚本が読めるようになっている。というわけで、脚本を読んでみた。

あわせて読みたい

  • 「真田丸」「IQ246」に真似されている

    「真田丸」「IQ246」に真似されている

  • 「真田丸」豊臣軍役者陣のクセが凄い

    「真田丸」豊臣軍役者陣のクセが凄い

  • 「真田丸」サウンドオブミュージック回

    「真田丸」サウンドオブミュージック回

  • 「真田丸」幸村を生んだ胸熱名台詞群

    「真田丸」幸村を生んだ胸熱名台詞群

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年11月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュース

    次に読みたい関連記事「花子とアン」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

    次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュース

    次に読みたい関連記事「花燃ゆ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    真田丸

    真田丸

    NHK大河ドラマ「真田丸」

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース