review

木村拓哉vs意識高い系医師・松山ケンイチ「A LIFE」2話をイラストで振り返る

       
日曜劇場「A LIFE~愛しき人~」(TBS・日曜よる9時~)。
木村拓哉、竹内結子、松山ケンイチ、木村文乃、菜々緒、及川光博、浅野忠信。
脚本・橋部敦子。

第2話あらすじ


木村拓哉vs意識高い系医師・松山ケンイチ「A LIFE」2話をイラストで振り返る
イラスト/小西りえこ

森本(平泉成)という患者を担当することになった井川(松山ケンイチ)。
手際よく手術は終了。しかし数日後右手に痺れが現れた。
井川は再度検査も行い、自信を持って「心因性」「気のせい」と診断する。
沖田は見落としやミスの可能性があるのでは…とデータを検証。
木村拓哉vs意識高い系医師・松山ケンイチ「A LIFE」2話をイラストで振り返る
イラスト/小西りえこ

数日後、森本は自殺未遂。和菓子屋の彼にとって右手が使えなくなる事は職人生命を絶たれるということだった。
命に別状はなかったが、森本の息子は「大丈夫だって言ったじゃないか!お前を訴えてやるからな」とカンカン。
再度森本を診察した沖田、右手の痺れの原因を突き止める。
井川の医療ミスだった(あちゃー)。

病院側は見舞金を払うことで解決しようとするが沖田は再手術によって治る、と主張。
壮大はリスクを恐れ、「これ以上波風を立たせたら病院が持たない」と反対する。
リスクだけではない。腹の中で院長に責任を取らせてやろう…そんな企みがあったはずだ。

だが、院長の方が肝が座っていた。
院長「私が許可する。責任はすべて私が取る」

沖田による再手術は成功し、和解の件も一件落着。

井川「すみませんでした。命さえ助ければそれで救った気になってました。でも俺、沖田先生超えてみせますから」

井川が頭を下げた。
エリートとして上から認めてもらうべく頑張っていた井川が、患者に向き合う医師へと成長していった一話だった。

あわせて読みたい

木村拓哉のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

A LIFE

A LIFE

TBS系ドラマ「A LIFE~愛しき人~」のレビュー記事一覧

2017年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。