review

「やすらぎの郷」第9週。ボケた老女優VS性格の悪い落ちぶれ老女優バトルの予感

倉本聰・脚本のシルバータイムドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月〜金曜12:30〜)第9週。
「やすらぎの郷」第9週。ボケた老女優VS性格の悪い落ちぶれ老女優バトルの予感
イラスト/北村ヂン

前週は、秀サンのギックリ腰騒動でドッタンバッタン大騒ぎなコメディ路線だったが、今週は打って変わって、かつての栄光を失った老人たちの悲しさを感じさせる展開でした。

中島みゆきの「慕情」2番で号泣!


月曜日、『徹子の部屋』明けでいきなり「やすらぎ体操」スタートという異色の構成ではじまった第41話(オープニングテーマはナシ)。

前週から引き続き、遺産相続問題を考えながらあーだこうだダベッている老人たちなのだが、自分の死を考えるにあたって女と男の注目ポイントが違っているのが興味深かった。

「(遺産相続について)死んだ後のことなんて知っちゃいないわよ」と言い放つマヤ(加賀まりこ)。苦労して稼いだお金なんだから死ぬまでに使い果たそうと、1日36500円ペースで浪費していた冴子(浅丘ルリ子)。

女性陣は良くも悪くも、とことん現実的だ。

一方、男性陣は「天国と地獄って本当にあると思う?」なんて死後の世界に思いを馳せているのだ。……夢見がち過ぎ!

「地獄にはオワイ(糞尿)地獄がある」という、お昼時にはふさわしくないサイテーな話の後には、「あの世でもう一度逢いたい人」というロマンチックな話題に。

「女房なら、若い頃より、死ぬ間際の老けた女房にオレは逢いてえ」
「その方が、しゃべる話が何だかいっぱいある気がしてな」

普段、わりとドライな言動をしている大納言(山本圭)が泣きながらこんなことを言うので、こっちまでウルッとさせられてしまう。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2017年6月5日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

やすらぎの郷

やすらぎの郷

ドラマ「やすらぎの郷」レビュー一覧

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース