review

オカダ・カズチカのパートナー、外道の流転人生。遂には猪木も認めた確固たるビジネス哲学

「新日本プロレス」が、プロレス界の盟主である。誰に聞いたとしても否定しようのない事実。

長い間、日本のマット界には「2大メジャー団体」が存在したが、今、全日本プロレスの方はメジャーと呼ぶに憚られる現状がある。一方の新日は、業界で一人勝ち状態。……なのだが、同団体にも暗黒期はあった。
しかし、選手の徹底した新陳代謝を図り、ターゲットとして見定めるファン層から「昭和」をバッサリと排除。棚橋弘至が道場からアントニオ猪木のパネルを外したことからも、決意のもとに“脱却”を試みたことが窺える。

昭和の時代からウォッチし、現在は新日から若干の距離を置く筆者のようなファンからすると、あくまでそういう印象になる。

テリー・ファンクとビートたけしにハマった少年時代の外道


現在の新日本プロレスでは、あの邪道外道が確固たる発言力を持っている。この事実からして、隔世の感。かつてを振り返ると、あり得なかったことだ。それほど「TPG出身」という経歴は、業界において足かせだった。昭和者からすると、KING OF SPORTSを標榜する新日本プロレスとは相容れない存在のはずだ。

とは言え、邪外のプロレスの技術が天下一品であることは百も承知。特に、外道のスキルは別格だろう。そんな彼が、自らのレスラー人生を振り返る半生記『To Be The 外道 “レヴェルが違う!”生き残り術』を発表している。
オカダ・カズチカのパートナー、外道の流転人生。遂には猪木も認めた確固たるビジネス哲学
『To Be The 外道 “レヴェルが違う!”生き残り術』外道/ベースボール・マガジン社

この一冊、本当に半生記なのだ。何しろ、同書は外道の幼少期にまで遡っている。そして、中学入学後に『ビートたけしのオールナイトニッポン』のリスナーになる出来事も綴られている。これが後に大きな意味を持つことは、プロレスファンならばお分かりいただけると思う。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2018年1月11日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース