review

「黄昏流星群」佐々木蔵之介も黒木瞳も若すぎるよ…と思ったら原作の年齢設定に驚愕1話

『黄昏流星群〜人生折り返し、恋をした〜』(フジテレビ系・木曜22:00〜)が放送開始した。

原作は、現在も連載中の弘兼憲史の漫画『黄昏流星群』。

弘兼憲史自体が、いまだにバブル&トレンディを引きずっているような作風ではあるが、今回のドラマはそれに輪をかけてバブル&トレンディの残り香が漂っていた。
「黄昏流星群」佐々木蔵之介も黒木瞳も若すぎるよ…と思ったら原作の年齢設定に驚愕1話
イラストと文/北村ヂン

バブルでトレンディなベタ展開


若葉銀行新宿支店長の瀧沢完治(佐々木蔵之介)は、出世コースをひた走ってきたエリート銀行員。

秘書の篠田薫(本仮屋ユイカ)から露骨にエロ〜いアプローチをかけられても、「不倫は銀行では御法度」と自分に言い聞かせ、脇目も振らず仕事に励んできた。

本店への栄転も間近か……と思われていたところ、上司の不祥事の巻き添えで関連会社に出向させられることに。

失意の完治はひとり、スイス旅行に。そこで目黒栞(黒木瞳)と出会って……。

まあ、ベタなラブストーリーの展開だが、そこに至るひとつひとつのエピソードも、なかなかベタ!

出向を言い渡された完治は大雨に打たれながら号泣。びしょ濡れのまま居酒屋に行き、そこの酔客とケンカに。

ボロボロになった完治は、グラスに残った氷の形を見てマッターホルンを想う。……というわけでスイスに行くことに。

ベタなシーンが続く中、最後の「そうだ、スイス行こう!」だけは意外&唐突すぎる展開だが、その辺はバブル魂のたまものだろうか。

スイスで意気投合しつつも、連絡先も名前さえも交換せずに分かれてしまった栞との再会も実にベタな展開だった。

あわせて読みたい

  • ハロー張りネズミはハッピーエンドか

    ハロー張りネズミはハッピーエンドか

  • 「FINAL CUT」佐々木蔵之介は怪しすぎ

    「FINAL CUT」佐々木蔵之介は怪しすぎ

  • 最終回「過保護のカホコ」麦野を尻に

    最終回「過保護のカホコ」麦野を尻に

  • 「カホコ」座敷牢に入れたりしてほしい

    「カホコ」座敷牢に入れたりしてほしい

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2018年10月18日のレビュー記事
    「「黄昏流星群」佐々木蔵之介も黒木瞳も若すぎるよ…と思ったら原作の年齢設定に驚愕1話」の みんなの反応 9
    • 匿名さん 通報

      叩かれているようですが私は好きですこのドラマ。はい、もちろんトレンディドラマ世代でございます。

      15
    • 匿名さん 通報

      黒木瞳の娘が、いじめていたのを、莫大な寄付金でもみ消した❗その話?

      11
    • 匿名さん 通報

      黒木瞳の娘ってなんかでネタになってなかったっけ?

      10
    • 匿名さん 通報

      原作では目黒栞(黒木瞳)が瀧沢完治(佐々木蔵之介)の子供を妊娠・流産するのだから、栞はもう少し若くてもいい

      10
    • 匿名さん 通報

      私はまさに黄昏世代ですが、このぐらい世代はこの程度のCGで十分誤魔化せるだろう!と思われているようで、なんか腹立ちましたね。

      6
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    黄昏流星群

    黄昏流星群のレビュー記事一覧

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース