review

北川景子「家売るオンナの逆襲」伏線全回収最終話「あなたは変わった」優しさ取り戻す留守堂は幸せにGO!

北川景子「家売るオンナの逆襲」伏線全回収最終話「あなたは変わった」優しさ取り戻す留守堂は幸せにGO!
イラスト/まつもとりえこ
昨日、『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の最終話が放送された。

優しさを捨てた留守堂


住人の高齢化が進む新宿の集合住宅群「新宿ガーデンハイツ」の部屋を、競合のリッチブラスト不動産が相場より高値で次々買い占めている。そんな不穏な噂がテーコー不動産に入ってきた。

新宿ガーデンハイツはゴーストタウン化している。しかし、同地にはリッチブラストの立ち退き要求を断る老兄弟・藤見明(笹野高史)と譲(本田博太郎)がまだ住んでいた。
三軒家万智(北川景子)は、新宿ガーデンハイツ1階の廃園になった保育園を復活させるプランを考えた。保育時間外はハイツに暮らすシニア世代が子どもを預かる“現代の理想郷”構想である。

毎回、社会的な問題をテーマにしてきたこのドラマ。最終話のテーマは「少子高齢化」だった。……と言えなくもないが、それより“不動産屋の信念”にフォーカスする最終話だと言い切ってしまいたい。1つ1つの家が環境を作り、社会を作る。そこに住む人の幸せを願って家を売れば、より良い未来につながる。要するに、「優しさ」が今回のテーマだった。

最終話あらすじ


母校の校舎で「餃子を届けたのも人工呼吸したのも私ではない」と三軒家から言われた留守堂謙治(松田翔太)。一年後、彼はリッチブラスト不動産のCOOになっていた。

留守堂は明と譲の部屋を大金で買い叩こうとする。さらに、三軒家のやり方を踏襲する“AI三軒家万智”を開発したのも留守堂だ。彼は、かつてとまるで人が変わってしまっていた。

あわせて読みたい

  • 「家売るオンナ」最も感情的なサンチー

    「家売るオンナ」最も感情的なサンチー

  • 家売るオンナ 育児はそんなに偉いのか

    家売るオンナ 育児はそんなに偉いのか

  • 「家売るオンナ」大胆ホームとエロス論

    「家売るオンナ」大胆ホームとエロス論

  • 家売るオンナの逆襲 化粧した顔も本物

    家売るオンナの逆襲 化粧した顔も本物

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年3月14日のレビュー記事
    「北川景子「家売るオンナの逆襲」伏線全回収最終話「あなたは変わった」優しさ取り戻す留守堂は幸せにGO!」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      物件売れてます?

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュース

    次に読みたい関連記事「向井理」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース