review

振り込め詐欺最悪展開「スカム」「わかった。母さんも何か手伝えるかもしれない」えー!6話

振り込め詐欺最悪展開「スカム」「わかった。母さんも何か手伝えるかもしれない」えー!6話
イラスト/たけだあや
TBSにて8月7日(火)深夜放送のドラマ 『スカム』(MBS/TBS系)第6話。物語は後半に突入し、「振り込め詐欺」にやりがいを感じている誠実(まこと/杉野遥亮)の状況はどんどん悪くなっていく。

今回、振り込め詐欺に新たな協力者が加わった。誠実の母親・幸子(西田尚美)と、誠実の詐欺仲間・来栖(福山翔大)の昔の仲間たちだ。これが、誠実にとって酷い結果を生んだ。

繰り返し描かれる「加害者の思いやり」


「誠実の様子が心配だ」と美咲(山本舞香)から聞いていた幸子は、誠実の部屋で無造作に箱に入れられた大量の札束と、振り込め詐欺の作戦を見つけた。「説明しなさい」と言われ、誠実はごまかさずに「俺はいま、詐欺の仕事で稼いでる」と答える。

1億2000万円のノルマを達成し区切りがつけば、賞与1,000万円をもらって辞めるつもりだと誠実は話す。もちろんそれは誠実が勝手に考えているだけで、辞められるのかどうかはわからない。だが、幸子は誠実の言葉を信じた。

幸子「わかった。母さんも何か手伝えるかもしれない」
誠実「え?」
幸子「ノルマ達成させて、そつらとスッパリ縁切るの。返事!」
誠実「はい……」

幸子は、訪問介護サービスの仕事をしている。そこで知った老人たちの財産状況、タンス預金のありなし、家族構成、さらには過去の顧客情報までも一覧にし、誠実に共有した。

誠実「何が母さんにそこまでさせたのか、俺は知らない」

訪問介護サービスの現場で、幸子は老人男性からセクハラを受けていた。暴言を吐かれることもあった。仕事だから「困ります」「ちょっと……」と言う程度の制止しかできない。誠実たちの「老害、ぶっ潰す!」は、毒川たちに教え込まれたヘイトだ。幸子の場合は、日々重なっていく老人からの直接の加害が、職業意識を壊し、「老人は大切にするもの」という社会規範を守る気持ちまでを削ぎ落してしまっていた。

あわせて読みたい

  • 杉野遥亮拉致「スカム」詐欺の食物連鎖

    杉野遥亮拉致「スカム」詐欺の食物連鎖

  • 「スカム」若者に植えつけた老人ヘイト

    「スカム」若者に植えつけた老人ヘイト

  • 「スカム」富裕層老人と若者たちの貧困

    「スカム」富裕層老人と若者たちの貧困

  • 「スカム」振り込め詐欺犯罪者のリアル

    「スカム」振り込め詐欺犯罪者のリアル

  • レビューの記事をもっと見る 2019年8月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース