review

「チャック・ノリスvs.共産主義」独裁政権下のルーマニア、しかし人々は違法ダビングビデオで映画を見る

「チャック・ノリスvs.共産主義」独裁政権下のルーマニア、しかし人々は違法ダビングビデオで映画を見る
どうもみなさまこんにちは。細々とライターなどやっております、しげるでございます。配信中毒30回。ここではネットフリックスやアマゾンプライムビデオなど、各種配信サービスにて見られるドキュメンタリーを中心に、ちょっと変わった見どころなんかを紹介できればと思っております。みなさま何卒よろしくどうぞ。

「配信中毒」バックナンバーはこちらから

今回紹介するのはネットフリックスにて配信されているドキュメンタリー『チャック・ノリスvs.共産主義』である。なんのこっちゃというタイトルだが、別にチャック・ノリスがド正面から共産主義と戦うわけではない。じゃあなんの映画なのかというと、独裁政権時代のルーマニアで地下流通していた、違法ダビング映画ビデオのお話である。

独裁政権下のルーマニア、しかし人々は違法ダビングビデオで映画を見る!


1985年、ルーマニアは独裁者ニコラエ・チャウシェスクとその政権による厳しい情報統制の渦中にあった。海外旅行はおろか、海外の映画やテレビ番組も視聴禁止。テレビといえば2年前にようやくカラー放送が始まった国営のルーマニア・テレビのみで、しかもその放送時間は1日に2時間のみ。内容はチャウシェスクを讃える番組とニュースと社会主義映画程度である。80年代のルーマニアには、映像メディアでの娯楽が存在していなかったのだ。

だがしかし、ルーマニアの人々は無理矢理映画を見ていた。違法にダビングされたVHSが、アンダーグラウンドで人づてに流通していたのである。新車が買えるほどの金を払ってテレビとビデオデッキを買った奴が自宅でこっそりと上映会を開き(もちろん金を取る)、ルーマニアの人々はそこでアメリカをはじめとする西側の映画を見ていたのだ。時代は80年代、アメリカではブロックバスター映画をはじめとして娯楽大作が量産されていた。もちろんそれらの映画は当局の摘発対象であり、秘密警察に見つかったらタダではすまない。にも関わらず、ルーマニア人は逮捕の危険を冒しながら外国映画を見ていた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。