review

「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ

第4週「君はるか」16回〈4月20日 (月) 放送 演出・松園武大〉


イラスト/おうか

離婚3回

暗さと明るさでサンドされた4週めのはじまり。
最初は、志津(堀田真由)に手痛い仕打ちを受けた裕一(窪田正孝)の暗い顔からはじまる。

裕一がモクモクと仕事に励んでいる分、支店長の落合吾郎(相島一之)、行員の鈴木廉平(松尾諭)、松坂寛太(望月歩)、事務員の菊池昌子(堀内敬子)のおもしろカルテットが裕一の状況に関して勝手な見解を語る。
そのなかで、やけに恋愛問題に詳しそうだった昌子は離婚歴3回であったことがわかる。ということは、川俣銀行の4人とも、独身なのだろうか。

タイトルバックが変わった

アヴァンが終わってはじまったタイトルバックは、裕一と音(二階堂ふみ)が仲睦まじく寄り添っている画が入った。
16回の終わり、成長した音のターンもあって、いよいよ裕一と音が近づいてくる予感。ふたりを繋ぐのはーー双浦環(柴咲コウ)。

国際作曲コンクールに挑む

1年経っても、恋の傷が癒えない裕一。
支店長たちは、お酒で憂さを晴らそうとさせるが、それもうまくいかない。

「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ
写真提供/NHK

鉄男(中村蒼)がちょうど仕事で双浦環が福島に来るから取材することになって、音楽雑誌を開いて見つけた国際作曲コンクール(ストラビンスキーが審査員)に挑戦してみないかと提案する。

それでもずっとうだうだしている裕一。支店長たちは裕一に音楽を思い出させようとする。
こういうときの、相島、松尾、堀内、望月の達者な芝居で裕一の心が晴れていくことに説得力が出る。
「エール」で面白いのは、この4人の演劇的な雰囲気(様式美。省略の美学みたいなもの)と、窪田や中村の映像的なナイーブでリアリズムな雰囲気が並列されていることである。

なにはともあれ、4人のおかげで一年ぶりに笑った裕一。
いざ作曲をはじめるも、どうにも調子が出ない。双浦環の写真にデレデレしてしまう。

意外とだらしない裕一の側面が描かれる。松坂がこっそり茂兵衛(風間杜夫)に取り入って裕一の状況を報告していたことも描かれ、人間っていいところばかりではなく、とても浅はかだったりズルかったり、ダメな部分をもっていることが描かれている。

この記事の画像

「「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ」の画像1 「「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ」の画像2 「「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ」の画像3 「「エール」16話 「恋とはどんなものかしら」ナイーブな窪田正孝と中村蒼、軽妙な二階堂ふみ」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク