review

『志村どうぶつ園』最終回 相葉雅紀、“芸能界の父”志村けんと絆を深めた16年半

       
『志村どうぶつ園』最終回 相葉雅紀、“芸能界の父”志村けんと絆を深めた16年半
イラスト/おうか

相葉雅紀と志村どうぶつ園

「相葉くんには『志村どうぶつ園』があるでしょ」――志村けんが園長を務めてきた『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)が、9月26日の放送を以て16年半の歴史に幕を下ろす。最終回の放送を前に、志村を父のように慕ってきた嵐・相葉雅紀との関係性について振り返ってみたい。

【レビュー】後輩・嵐を翻弄する先輩・V6 牧場経営の夢を語る岡田准一ら“勤続25年の男たち”の手ごわさ

『志村どうぶつ園』最終回

冒頭の言葉は、相葉が志村から言われたもの。4月4日の放送で紹介した。グループのメンバーが相次いで芝居の仕事が決まっていく中で、相葉だけが仕事をもらえなかったときにかけてもらった。

「ドラマは3カ月で終わるけど、『志村どうぶつ園』はずっと続くからね。俺がずっと続かせるからね』って」。
「志村さんが亡くなられたことは信じられませんし、受け止めきることができません」

相葉は涙を浮かべて悲痛な胸の内を明かした。志村から教えてもらったことがたくさんあると、その一つである「いつもみんなを笑顔に」を挙げ、その言葉通りに前を向いて番組を続けた。

相葉の担当コーナーの台本を見せると、志村は「相葉くん、君はこれで納得しているのか? 『もっとこうしたほうが良くなるんじゃないのか』って、自分の中で思ってるんだったら、ディレクターに言いなさい。でも、言ったのなら責任を持ちなさい。ディレクターのせいにしちゃダメだよ」とアドバイスをしてもらったことを明かした。

番組終盤には、「目を閉じれば園長がいるので、だから僕は前を向きます。みんなを笑顔にできるようにこれからも頑張っていきます」と相葉の言葉で番組を締めくくった。

志村けんと相葉雅紀

8月22~23日にかけて放送された『24時間テレビ43 愛は地球を救う』(日本テレビ系)内で、ドラマ『誰も知らない志村けん-残してくれた最後のメッセージ-』が放送された。

ドラマでは、志村けんとディレクターの保科との関係を築いた『天才!志村どうぶつ園』を一から作るストーリーが描かれた。主演はジャニーズWEST重岡大毅。志村役は後ろ姿や目から下だけを映し、志村を想像させる演出。相葉は本人役で出演した。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。