review

『おかえりモネ』第26回 気象予報士を目指す気持ちを強くする百音 菅波との勉強シーンが『ドラゴン桜』

『おかえりモネ』第6週「大人たちの青春」

第26回〈6月21日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:桑野智宏〉

※本文にネタバレを含みます

仕事を通して登米の人たちに次第に溶け込んできた百音(清原果耶)。天気の勉強も順調で、天気予報が当たるようになってきた。

【関連レビュー】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第26回掲載中)

学童机を納品するためナラの伐採も進むある日、雷鳴を聞いて心配になった百音はクマさんこと熊谷(山本亨)に山を下りるように連絡するが、山の天気は自分がいちばんわかっていると逆に叱られてしまう。

長年、山で生きてきたクマさんは天気の怖さを誰よりも熟知しており、また誰よりも作業員たちの身の危険を心配している。山のプロたちは仕事に誇りをもっていて、資格をたくさん持っていた。名詞ジャンケンならぬ資格ジャンケンみたいなことをしてひとしきり盛り上がる作業員たち。でも彼らの資格は山で生きていくための真剣な意思の証し。

菅波に資格の意味を問われた百音は、気象予報士の資格を取りたいとますます真剣になる。

「誰かが哀しい想いをしないように守ってあげてる。そういう力を私も身につけたいです」

百音の真面目さが心を打った。『おかえりモネ』は、命を守りたい、そんな願いのドラマである。

田中さん、登場

ここにひとつの命がある。医師・菅波(坂口健太郎)の患者・田中(塚本晋也)は自称・カメラマン。百音に勝手にカメラを向けて撮り、菅波に注意される。でも気にせずじゃんじゃん撮る。カフェ「椎の実」のほかの客も撮る。「思い出、青春の記録」と気にしない、やたら明るい人物である。

元気そうだけれど、時々咳き込む。喘息持ちとみんなには言っているが、第25回で、診療所で菅波と話している時はカルテに肺がんと書いてあった。入院しないで通院しながら薬物治療で経過を見たいと希望していた田中。第8回耕治(内野聖陽)と旧交を温めていた。

百音の写真をやたら撮るのは、耕治の娘だからであろう。これからどう絡んでいくのか。早くも倒れてしまって、体のほうも心配である。

演じている塚本晋也は、朝ドラでは『半分、青い。』のロボット工学を律(佐藤健)に教える宇佐川教授役をはじめ、『カーネーション』『ゲゲゲの女房』などにも出演していて、意外と朝ドラ常連。ちょっと変わり者の人物を演じることが多い。

おじさんに可愛がられる百音

「仕事でも安全を優先させてください」と百音がやけに心配するのは、震災で故郷が被害にあった過去の経験があるからなのだろう。出過ぎた真似をして、クマさんの機嫌を損ねてしまった百音だったが、クマさんは懐が広く、百音に飴を与え、仲直りする。黒柳徹子か。

『おかえりモネ』第26回 気象予報士を目指す気持ちを強くする百音 菅波との勉強シーンが『ドラゴン桜』
写真提供/NHK

この記事の画像

「『おかえりモネ』第26回 気象予報士を目指す気持ちを強くする百音 菅波との勉強シーンが『ドラゴン桜』」の画像1 「『おかえりモネ』第26回 気象予報士を目指す気持ちを強くする百音 菅波との勉強シーンが『ドラゴン桜』」の画像2 「『おかえりモネ』第26回 気象予報士を目指す気持ちを強くする百音 菅波との勉強シーンが『ドラゴン桜』」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~10月29日放送。

お買いものリンク