review

『おかえりモネ』第91回「この…感情がすべてだ」考え抜いた末に感情で壁をぶち破る、菅波の最強の突破力

『おかえりモネ』第19週「島へ」

第91回〈9月20日(月)放送 作:安達奈緒子、演出:梶原登城〉

『おかえりモネ』第91回「この…感情がすべてだ」考え抜いた末に感情で壁をぶち破る、菅波の最強の突破力
イラスト/AYAMI
※本文にネタバレを含みます

※『おかえりモネ』第92回のレビューを更新しましたら、Twitterでお知らせします


台風12号の余波で亀島に突風が起こったことを知って百音(清原果耶)が心配して電話すると、永浦家も被害にあって片付けに追われていた。

【レビュー一覧】『おかえりモネ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜第91回掲載中)

心配ごともあるが、菅波(坂口健太郎)が登米から東京にやって来て、嬉しいことを言う。百音の誕生日の前日で……。

菅波「こういうのはタイミングだから」
百音「え、ここで?」

相変わらず、スマートに決めることはできないふたりであるが、それも良し。悪いこともあればいいこともある。世界の仕組みを物語るようなお話。BUMP OF CHICKENの主題歌「なないろ」の<今この景色の全てが笑ってくれるわけじゃないけど それでもいい これは僕の旅>と重なるようだった。

牡蠣棚に被害が……

台風12号自体は東北を直撃しなかったが、だからこそ予期しない被害はショックであろう。「どうしてまた、自然相手には私たちの思いは届かないのかしら」という雅代(竹下景子)のナレーションが重く響く。

こんな時、少しの予兆に気づくことができれば……。地元密着の気象予報士がいたら気付けることもあるのではないかと考える百音。ほらほら、島が百音を呼んでいる。

それにしても実家。突風で窓ガラスが割れ、窓枠も外れて、いろいろなものが散らかっている。それでも耕治(内野聖陽)亜哉子(鈴木京香)未知(蒔田彩珠)も決して騒ぎ立てることなく淡々と、いやむしろ明るく対応している。とりわけ耕治は「おいおいおい……」と豪快である。

電話で被害状況が見えない百音には心配かけないように亜哉子は明るい声を出すけれど、実は牡蠣棚に被害が出ていた。龍己(藤竜也)はあくまでも冷静沈着。海に様子を見に行って、家族にも何も言わない。「牡蠣棚、あの程度ならたいしたことねえ」と組合の人への電話にそう答えるのみ。だが、明日美(恒松祐里)が実家の親から牡蠣棚の被害がすごいらしいことを聞いて……。

被害に対して騒ぎ立てない人たちの我慢強さは観ていて救いになると同時に胸が痛くもなる。がっかりして騒いでもどうにもならない。ネガティブな言動をとったらその事実に飲み込まれてしまう。諦念もあるだろうし、ダメージを受けていると思いたくない意地もあるだろう。一見、静かに見える画面の中で、いろんな想いがそれこそ台風のように皆の中に渦巻いている。

『おかえりモネ』第91回「この…感情がすべてだ」考え抜いた末に感情で壁をぶち破る、菅波の最強の突破力
写真提供/NHK

菅波、ついにプロポーズ

百音の誕生日に菅波が登米よりやって来るということはプロポーズされるのでは?と恋愛ごとに敏(さと)い莉子(今田美桜)にそう予想を語られていた百音。誕生日の前日、早々にやって来た菅波にちょっとどきどき? それにしても菅波、デートの時といい、いつも早めに行動しがち。

だが「こういうのはタイミングだから」と言う菅波に、「え、ここで?」と思わず言葉にしてしまう百音。ちょっと素敵なお店で食事をしながら……とか、せめて夜景のきれいな川沿いで……とか百音なりに想像していたのだろうか。「ここでではさすがにないんだけど」と菅波は慌てて飲み込むも、けっきょく、想いを吐露してしまう。

「僕はあなたが抱えてきた痛みを想像することで、自分が見えてる世界が2倍になった」とまずいい話をし、でもそれはあくまで理屈であり、想いが募って俄然早口になり、飾った言葉はなくなり、素直な欲望だけ発して、「この…感情がすべてだ」「一緒にいたい」「結婚したいと思ってる」と言い切った。

最後は感情。考え過ぎでもダメ、感情だけでもダメ。考えて考えて考え抜いた末、感情で壁をぶち破る。これこそ人類最強の突破力であろう。

「え ここで?」も面白かったが、菅波がプロポーズしかけたときにコインランドリーの洗濯が終わるところ。いつも洗濯が終わるまでの時間に用を済ませる合理的な菅波が話を終わらせないように、百音は「まだ大丈夫です」と慌てて言う。このコインランドリーで再会し、ここでたくさんのことを語り合って来たことを思わせるセリフである。

百音は自分の感情をここで自覚した。天気のようにぐるぐると回る世界の縮図のようなこの場所でプロポーズされることは運命にちがいない。とはいえ、洗濯が終わった百音は律儀にいったんコインランドリーからコミュニケーションスペースに移動する。でもここでまた驚きの事実が……。


あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おかえりモネ

おかえりモネ

NHK「連続テレビ小説」第104作目の作品。宮城県気仙沼市の離島・亀島で育った清原果耶演じるヒロインの永浦百音が、気象予報を通じて幸せな「未来」を届ける希望の物語。2021年5月17日~放送中。

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク