静と動:日中スポーツの違いから見る日本好みの勝負観

MAO的コラム 中国語から考える 第77回-相原茂

 一時、野球のWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で話題が持ち切りだったが、野球はどちらかというと退屈なスポーツではないか。

 ピッチャーが投げる。しかしバッターは打つとは限らない。一度もバットを振らず見逃し三振もあれば、フォアボールもある。いつもヒットやホームランが出るわけではない。スコアボードには0が並んだりする。外野にぽつんと点在する野手なんて、のんびりしているようにみえてしょうがない。だから、ビールなどを飲みながらゆったり観戦するのに向いている。

 確かに今回のWBCの試合はひとときも目を離せない好ゲームが多かったが、まあ、普通のシーズン中のはのんびり観戦というのがふつうだ。

 相撲もそうだ。3分間ぐらいのしきりがある。その間は何が起こるというわけでもない。トイレにだってゆけるほどだ。考えてみれば、勝敗を決するだけなら、仕切り時間など無しにして1回でいきなり立っても不都合はなさそうだ。だが、それではどうも相撲の醍醐味がない。動と静と、緩急をつけたい。それでこそ弁当などを広げて、一杯やりながらゆったり観戦できるというものだ。

 これは他のスポーツ、たとえばサッカーやバドミントン、卓球などの試合と比べてみると、その差は明らかだ。こちらはボールを追って選手たちはのべつまくなしに動いている。退屈な時間はない。せわしいことこの上ない。ともかく見る方も選手も緊張や興奮の連続だ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク