日本が中国から割り箸を大量輸入する一方で、日本から中国に大量の木材が輸出されている!=中国メディア

日本が中国から割り箸を大量輸入する一方で、日本から中国に大量の木材が輸出されている!=中国メディア
環境保全意識が高まる中国では、森林資源の開発に力が入っている。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 中国メディア・今日頭条は4日、日本で用いられている割り箸の多くが中国から輸入されている一方で、中国が日本の木材輸出における最大の相手国になっているとする記事を掲載した。

 記事は「現在、中国が日本の木材の輸出量が最大の目的地になっている。わが国の環境保護意識が高まるにつれて、林業資源がますます重視さており、今や中国の森林増加面積はすでに世界1位となっている。森林面積が増加している国は数少ないのだ」とした。

 また、中国は森林公園や自然保護区、湿地公園の建設といった方式を通じて、森林資源により大きな経済的価値を付加するとともに、持続可能な発展という戦略計画にマッチさせていると紹介。さらに、環境保護の必要性から中国は天然林の伐採に制限をかけているため、木材の供給が需要に追いついておらず、70あまりの国から木材を輸入する必要があると説明している。

 記事は、2017年における日本の木材輸出総額が320億円前後となっており、その約4割が中国への輸出で占められていると紹介した。

 林野庁の「平成28年度森林及び林業の動向」によれば、日本の木材の対中輸出は2003年から13年までは20-30億円台で推移していたが、14年以降68億円、69億円、90億円と急増した。その背景には中国における木材需要の増加と円安があるという。中国向け木材はおもにスギで、梱包材、土木用材、コンクリート型枠用材として丸太のまま輸出されている。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月7日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。