中国人は日本のテレビを評価しているのに、日本人が購入しているのは・・・=中国

中国人は日本のテレビを評価しているのに、日本人が購入しているのは・・・=中国
中国メディアは、中国人は日本のテレビを好んで買っているのに、日本人が購入しているのは中国ブランドだと指摘する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
 近年、テレビの販売台数が低調になっているが、そんななか4K効果で2018年のテレビ出荷台数が前年比4%増になったという。前年を上回るのは4年ぶりだ。中国メディアの今日頭条は8日、中国人は日本のテレビを好んで買っているのに、日本人が購入しているのは中国ブランドだと指摘する記事を掲載した。

 記事はまず、中国では今でも日本ブランドのテレビが高い評価を受けていると紹介。日本の液晶ディスプレイは画質が優れているので、高くても日本ブランドを買いたいのだという。しかし、日本で最も売れているテレビの上位2社は「中国ブランド」だと指摘した。

 記事によると、日本のテレビ市場の販売台数は、シャープが1位でハイセンスが2位となっている。シャープは台湾鴻海に買収されており、海信集団(ハイセンス)は東芝のテレビ事業を買収したため、東芝とハイセンスの合計販売数はソニーとパナソニックを抜いて2位になると指摘。そのため記事は、日本人が買っているテレビは「中国ブランドばかり」と主張したようだ。

 では、なぜ日本のテレビ市場は「中国ブランドばかり」になったのだろうか。記事によると、「価格の安さ」と、「中国企業の変化の速さ」があるという。今は低価格路線が成功しており、ハイエンド路線は難しいと指摘。また、なんといっても「1年間に4000万台以上を売り上げる」中国の巨大市場で競争してきた中国企業は、新しいものを素早く取り入れるのが得意だと日本企業との違いを指摘している。
サーチナの記事をもっと見る 2019年11月12日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。