review

オタクが流行に敏感でどうするよ。取り残されるのがお前らだろ〈『切断王』鶴岡法斎に聞くpart2〉

オタクが流行に敏感でどうするよ。取り残されるのがお前らだろ〈『切断王』鶴岡法斎に聞くpart2〉
『切断王』榊原瑞紀(作画)、鶴岡 法斎(原作)/メディアファクトリー<br />日本政府に棄てられた東京。都市だけでなく人々も棄てられ、歌舞伎町には自然と罪人たちが集まるようになっていった。様々な「王」と呼ばれる特殊能力を持つ者が統治し、犯罪組織を取り締まる「歌舞伎町政府」。政府の中でもかなりの実力だった、切断王が殺され、二代目は切断王の一人娘、衣音が就任することになった。東京ではめったに手にはいることがないティーン向け雑誌をドキドキしながら読み、スイーツを食べている姿は戦闘中の切断王としての姿からは想像もできない。同年代の子と接した経験がないのだろうか。むかえに来てくれた迎撃王に対して頬を染めたり、とてもかわいらしい。悪人どもを斬りつけ、返り血を浴びている姿も格好いいが、このふたりの日常だけを追いかけたエピソードも読んでみたいね。
part1はコチラ


そっちに行けばいいだけ

鶴岡 高校生くらいのときに、「薔薇族」とか「サムソン」とかを買っていたんだよ。
――え?
鶴岡 ホモ雑誌の。
――え……そういうアレですか?
鶴岡 いや、違うんだけど、その手の雑誌を未成年にも売ってくれる古本屋を見つけて、ありとあらゆる性欲の専門誌をとりあえず全一作ずつ買おうとしていた時期があった。
――なにがとりあえずなのかがさっぱりわからないんですけど。
鶴岡 いや、世の中っていろんな人がいるじゃん。そういうのに興味があってさ。
――いま僕の中では、鶴岡さんも「いろんな人」に分類されたんですが……。
鶴岡 最近わかったんだけど、どうやら親は本棚を見ていたらしくて「この子は大丈夫なのか」って悩んでいたらしいんだよ(笑)。
――家族会議ものですよ。友だちにも見せたりしました?
鶴岡 見せた!
――そんな自信満々に……(笑)。そういうものの良さはまだわからないですよね、多分。
鶴岡 わからないんだけど、……かなり引かれた。「サムソン」はさ、太っている方とかおじいさんが好きな同性愛者向けの雑誌で、頭の中をどう組み立ててもわからないんだよ。何回か読んだら興奮するのかなと思ったけどやっぱり無理だと思って。
――興奮したらどうするんですか!?
鶴岡 そっちに行けばいいだけの話なんだけど(笑)。自分のなかでそういうのは問い詰めたなあ。
――発見はあったんですか?
鶴岡 女の人が襲われたり、泣き叫んでいるのが嫌なんだなってわかった。アクション映画は別だけど、セクシャルなものとして女性がどうこうされているのは興味がわかなかったね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年6月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。