review

待ちガイルが青春だった時代がたしかにあった『ハイスコアガール』

待ちガイルが青春だった時代がたしかにあった『ハイスコアガール』
ヤニ臭くて薄汚れた、男たちが命を燃やしてスト2をやるゲーセンに生きる少年……その目の前に現れたのは、クラスの無口な優等生少女。俺の世界に入ってくるんじゃねえ!そんな思いを胸によぎる思いは? 90年代ゲーセンが蘇る「ハイスコアガール」は極上のゲームラブコメディだ。
ぼく、初代「ストリートファイター2」出た時ブランカ使ってました。
なんでかっていうと、昇竜拳のコマンドを入れられなかったから。ほら、タメコマンド(後ろにためて、前にレバーを入れると同時にボタンを押す)便利じゃん。けれども初代ってローリングアタックの最中に攻撃くらうとダメージ二倍でめっちゃ減るんだよね。
そういえばSNKの宣伝って「100メガショック」だったけど、今はもうすっかり超えてビックリだよね。
……という話に「あったあった」と思ってくれる人は、今はアラサーといったところでしょうか。
幼少期にファミコンが出て、中高生でゲームボーイ。スーファミとPCエンジンとメガドライブが登場し、ゲーム業界が一気に活気づいたそんな時代、90年代初頭です。
ヤンキーのたまり場的イメージと、インベーダーゲーム亡き後パックマンやドルアーガの塔などで盛り上がりはしたもののやはり薄暗い空気をまとっていたゲーセン。それが、スト2の登場で一気に人でごった返し、格闘ゲームブームが来たものです。劇的な変化でした。

ねえほら、思い出して。
スト2を、餓狼伝説を、サムライスピリッツをやっていたとき。目の前のゲームに激しくドキドキしていなかった?
なけなしのお小遣いを入れて、人生の全てを費やすような気持ちになった思い出、ありませんか。

押切蓮介の『ハイスコアガール』は、ゲーム大好き少年と少女の物語です。
以前にも『ピコピコ少年』という作品で、自伝的にゲーム好き少年時代を描いた押切蓮介。その集大成ともいえるのがこの作品です。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年3月7日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース