9月14日に日本中のハンターが切望し、日本中の編集者が「ああ、これでまたあの人が仕事をしなくなる……」と嘆くことでおなじみのモンスターハンターシリーズ最新作、Nintendo3DS用にモンスターハンター4(以下MH4)が発売されました。

発売されて2週間、そろそろプレイ時間が100時間を越えたという人も多いでしょう。150時間、200時間を越えた猛者もいるかもしれません。

そこまでのプレイ時間にはとうてい及ばない(と、一応そういうことにさせておいてください)のですが、そこそこMH4をやりこんだ立場から、今回のMH4は傑作なのかどうか、今まで他機種でしか遊んでこなかったハンターが参戦するべきものなのか。遊ばないとなかなか気づけないような細かい部分を中心に、見ていきたいと思います。

●まずはシリーズの位置づけを把握しよう

ここでちょっとMH4がシリーズのどんな位置づけにあるか、見てみましょう。実はモンスターハンターシリーズはかなりの数が出ていて、それぞれ対応している機種が異なっています。オンラインゲームのモンスターハンターフロンティアシリーズと、高解像度で据え置き機用になっているHD Ver.を除くとこのようになっています。

モンスターハンター(PS2)
モンスターハンターG(PS2)
モンスターハンター ポータブル(PSP)
モンスターハンター2(ドス)(PS2)
モンスターハンターポータブル 2nd(PSP)