bit

黒い消しゴムのいいところとは

黒い消しゴムのいいところとは
10月10日発売の黒い消しゴム「モノPE01ブラック」(トンボ鉛筆)
       
消しゴムは白いものがよく消える。そんなイメージを持っている方は多いだろう。確かに私もそう思う。子供の頃、甘い匂りのするイチゴ消しゴム、スーパーカー消しゴムが流行ったのをよく覚えており、それらはカラフルで形がおもしろいだけで、消しゴムのくせにあまり消えなくて、ただ持っていて楽しむというものだった。しかし、時代は変わって、カラフルな消しゴムではなく、実用的な黒い消しゴムが現れた。正直、半信半疑だったが、とにかく試してみることに・・・。

誰しも一度は使ったこと、見たことがあるであろうトンボ鉛筆「MONO」シリーズから、10月10日に「モノPE01ブラック」「モノPE04ブラック」の2種類が発売された。どちらも真っ黒な消しゴムで、ケースのデザインは従来のブルーラインからグレーラインに変更されているほかは全く一緒だ。消しゴムの基材に黒色顔料を主とする色材を混入して黒色に仕上げたという。それにしても、見慣れた「MONO」消しゴムが黒くなっただけで、こんなに違和感があるとは!?

譬えるなら、白桃が黒桃になったような感じ。う〜ん、これって本当にうまく消えるのだろうか。
「当製品の消字率は96%(消字率は日本字消工業会の定めに準拠)で、この性能は市販されているブラックタイプ字消しの中でトップクラスです。消し心地(タッチ)も従来のモノ消しゴムと同様です」と説明書きにある。

そもそもどうして黒い消しゴムを作ったかというと、消しゴムを使用していて気になる点として、字を消すと、消しゴムが汚れる(45.2%)という回答があったからだそうだ(調査対象:中高生男女62名/2011年3月実施/同社調査)。確かに黒ければ汚れが目立たない。そのほかのメリットとして、消しカスが黒いので掃除のとき見つけやすいことを挙げる。なるほどこれも一理ある。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年10月16日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。