review

「核分裂投げ」「原子力発電パンチ」…無邪気に扱われてきた核。原発再稼働で考える『核と日本人』

       
2015年8月11日、鹿児島県の九州電力・川内原発1号機が全国で初めて再稼働し、1年11ヶ月続いた「原発ゼロ」状態は終わりを告げた。「電力確保のためには/原発による雇用や経済効果もあるからやむなし」という声もある一方で、その安全性に疑問を抱く反対意見も根強く、賛否両論の飛び交うなかでの再稼働となった。

そして、再稼働するやいなや、さっそくトラブル発生のニュースが流れたのはご存知の通り。川内原発1号機の2次冷却系でトラブルがあり、九電は8月21日、出力を上げる作業の延期を発表をした。もちろん、こうした問題は川内原発に限った話ではなく、福島第1原発の汚染水漏れは繰り返され、もはやおなじみのニュースになりつつある。

3.11以降、原発あるいは核というものは、不安の対象としてネガティヴに語られることが圧倒的に多くなった。しかし思い返してみれば、「安全神話」が崩壊する以前、私たちは核の強大なエネルギーがもたらす恐怖すらも、無邪気に享受してきたのではなかったか。
「核分裂投げ」「原子力発電パンチ」…無邪気に扱われてきた核。原発再稼働で考える『核と日本人』
『核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ』(山本昭宏著、中公新書)

消費されていく「イメージ」としての核


今回紹介する『核と日本人 ヒロシマ・ゴジラ・フクシマ』(山本昭宏著、中公新書)は、戦後被爆国としてリスタートし、大国と肩を並べる経済大国へと成長した日本において、「核」というものへの認識がどのように変容してきたかを辿る本である。

日本人と核との関係は、広島・長崎に投下された「原爆」という悲劇の象徴として始まり、安定的な電気供給のために国策として推進された「原子力発電所」へと歩を進めてきた。その歴史のなかで、私たちは新聞・雑誌・テレビなどのマスメディア“だけ"を通して、核という存在を認識してきたわけではない。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年8月26日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。