review

エンブレム問題当事者に聞かせたい名言登場「まれ」135話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)9月2日(水)放送。第23週「いっぱい失敗タルトタタン」第135話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:渡辺一貴
エンブレム問題当事者に聞かせたい名言登場「まれ」135話
NHK連続テレビ小説「まれ」オリジナルサウンドトラック3 完結編 澤野弘之 ソニーミュージックエンタテインメント

135話は、こんな話


希のケーキのファンでお店の常連客・沢沙耶(飯豊まりえ)が、希(土屋太鳳)に弟子入りしたいと言ってきた。彼女はもともと大悟(小日向文世)のケーキのファンで、その弟子・希に憧れを抱いている。後輩ができた希だったが、子どもたちからは「世界一のパティシエにはいつなるのか」とつっこまれ、答につまる。

今日の、つっこ「まれ」


「(世界一のパティシエなるということにたいして)ふつう言いませんよね、こんな恥ずかしい事」(沙耶)なんて悪気なく言われてしまったうえに、
歩実(横山芽生)に「いつなるが、世界一?」「だってお母さんもう大人やろいつなるの?」と聞かれてしまいます。
希「いつねんろ?」
みんな シーン・・・
子供たちは希に容赦ない視線を浴びせ、大人たちは目を逸らす。
でっかい夢を掲げながら、回り道ばかりしてゴールに邁進しない希が、いよいよ結果を出さないとならない状況に追い込まれそうです。

今日の、教訓


希が子供たちに追求される場面は痛快でしたが、135話で、一番刺さったのは、圭太(山崎賢人)の十八番「漆は嘘をつく」話です。
16話に初登場して以来、おりにつけ語られている圭太の信条で、上から綺麗に塗ってしまえば中はわからない。中身を手抜きしていても騙そうと思ったら騙せる。だからこそよけいに騙したら駄目なのだ、というものです。

あわせて読みたい

エキサイトレビューの記事をもっと見る
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

まれ

まれ

『まれ』は、NHKで放送されている連続テレビ小説。今回は、パティシエを目指す少女・希(まれ)の物語。幼いころ石川県能登地方に越してきた希は、 世界一のパティシエを目指し、横浜で厳しい修業に挑んでいく……

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース