90s

元巨人の投手だった ジャイアント馬場の偉大な過去

元巨人の投手だった ジャイアント馬場の偉大な過去
プロレス界のスーパースターといえば、古くは力道山であり、それに続いたのがアントニオ猪木とジャイアント馬場の二人だ。
ジャイアント馬場が死去して17年。昨年には17回忌も行われた。そんなジャイアント馬場について振り返ってみたい。

元巨人の投手だったジャイアント馬場


ジャイアント馬場は元々は読売ジャイアンツの投手であった。しかし風呂場で転倒し、利き腕の右手を負傷したためにプロ野球選手を断念。
知り合いであった力道山に請われて当時の日本プロレスへ入門し、アメリカ遠征でプロレスラーとしての才能を開花させた。

その後、1972年に全日本プロレスを旗揚げし、プロレスラーとして当時最高峰といわれたNWA世界王座を三度獲得。また、強豪外国人を次々と呼ぶなどプロモーターとしても評価されていた。
選手の育成も怠らず、ジャンボ鶴田、天龍源一郎、三沢光晴、川田利明、小橋建太、田上明など数多くの弟子を育てあげ、プロレス界に多くの功績を残す。

タレントとしても活躍したジャイアント馬場


また、馬場は数多くのテレビ出演を誇った。日本テレビ系列で放送されていた『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』に出演し、司会の逸見政孝と軽妙なやり取りでお茶の間を沸かせる。
他にも、ビートたけしが『ビートたけしのオールナイトニッポン』で「車のサンルーフから頭を出して運転していた」、「ゴルフでカップインしたボールを取り出そうとしたら、グリーンも一緒に持ち上がった」などと馬場のことをよくネタにしていた。

あわせて読みたい

  • かつての新日本プロレスにも「レインメーカー」はいた! 現在のプロレスブームの源流・武藤敬司

    かつての新日本プロレスにも「レインメーカー」はいた! 現在のプロレスブームの源流・武藤敬司

  • 「迷わず行けよ 行けば分かるさ」アントニオ猪木の引退試合を振り返る

    「迷わず行けよ 行けば分かるさ」アントニオ猪木の引退試合を振り返る

  • 馳浩文部科学大臣 プロレスラー時代の問題発言・問題行動

    馳浩文部科学大臣 プロレスラー時代の問題発言・問題行動

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年1月15日の90s チョベリー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。