NHK 大河ドラマ「真田丸」(作:作三谷幸喜/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)
5月29日放送 第21回「戦端」 演出:木村隆文
片岡愛之助がおとなしくて不安「真田丸」21話
イラスト/エリザワ

全然役に立ってない


久しぶりの北条氏政(高嶋政宏)登場で、家康・内野聖陽との粘っこい芝居対決も見ることができて嬉しいと心躍ったのもつかの間、数回に及んだ大坂城内でのエピソードによって、なんだか世界がすっかり秀吉・小日向文世色に塗り変わってしまったようで、氏政×家康の粘りっ気に対してときめきが前ほど沸かなくなってしまった。
かつてあんなに輝いて見えた誰よりも変わり身の早い男・真田昌幸(草刈正雄)も、沼田城に関する話し合いに家康も北条も来ず、北条からは板部岡江雪斎(山西惇)、徳川からは本多正信(近藤正臣)が出席したため、張り合いをなくしてしょぼくれている顔は魅力的とは言いがたい。昌幸、ここのところずっと精彩を欠いたままだ。
間に入った信繁(堺雅人)も子供のお使いのように、行ったり来たりしているだけで全然役に立ってない。

メインの登場人物たちに元気がない。その分、小日向・秀吉の勢いがあり過ぎる。といってもそれは、目下、世継ぎも生まれて、秀吉の天下状態であるという脚本になっているから俳優たちも演出もそういうふうにしているだけで、決してほかの俳優が小日向に届かないわけではない。俳優たちはむしろ正しい演技をしていて、優秀なのだ。

片岡愛之助なんてとくに、あえて抑制しているような気がする。「半沢直樹」(13年)の押し出しの強いオネエキャラでブレイクしたため、どうしたって我の強いキャラを期待してしまう片岡愛之助が「真田丸」の大谷吉継役では、今のところもおとなし過ぎて、一瞬片岡愛之助なのかわからない時すらある。三谷幸喜の舞台「酒と涙とジキルとハイド」(14年)に出た時もノリの良い芝居をしていた愛之助が、このままずっと三成(山本耕史)と信繁に誠実な男として通す気なのか、逆に気になる。吉継は病気持っていた説などもあるから、どこかでやんちゃ面が出てきたりしないのだろうか。