review

凶悪な犯罪者三人衆への違和感「ファイアパンチ」18話

Web無料漫画配信サービスジャンプ+にて「ファイアパンチ」第18話が配信されている。トガタが行っていたアグニを倒すラスボスオーディションは、あっさり三名合格。
凶悪な犯罪者三人衆への違和感「ファイアパンチ」18話

世界観が微妙に違う奴らが登場


アグニの敵役となる悪人を捜し求めてベヘムドルグの地下に訪れたトガタ。そこにいたのは、凶悪な祝福を持つ三人の犯罪者達だった。

ダイダ。筋力が高くなる祝福を持つ。能力の通り筋骨隆々でスキンヘッドにアゴヒゲを蓄えている。右目には刃物で切られた傷がある。奴隷ではない女を数人犯し、兵士を34人殺している。

カルー。風を操り飛ぶ能力を持つ。金髪のモヒカンで、口の右側が裂けた後がある。快楽の為に施設の子供17人の顔を削いだ経歴を持つ。

フガイタイ。司会に映る鉄を操る能力。ベヘムドルグを制圧しようと、数百人の兵士を殺害。顔は黒いマスクで覆われている。

この三人は見た目も経歴もザ・凶悪な犯罪者だ。地下に幽閉されているのが良く似合う。トガタは会った瞬間、アグニを倒す悪役として三人の採用を決定した。

しかし、どうもしっくりこない。なんというか作風に合っていないのだ。今までファイアパンチに登場してきた悪者、例えばジャックは、凶悪という言葉があまり似合わない。この三人と同じぐらい悪い奴なのだが、それ以上に不気味な奴なのだ。悪さよりも、不気味な奴という印象が先にくる

この三人を活かすも殺すも、トガタ監督のプロデュース能力次第


この凶悪な犯罪者三人衆はわかりやすい。1コマしか登場していないのになんとなく背景が想像ついてしまう。

あわせて読みたい

  • 「ファイアパンチ」1巻から今後を考察

    「ファイアパンチ」1巻から今後を考察

  • なんで犬なのだ「ファイアパンチ」6話

    なんで犬なのだ「ファイアパンチ」6話

  • 死刑囚がラスボスを「ファイアパンチ」

    死刑囚がラスボスを「ファイアパンチ」

  • 亀仙人と同じ道だ「ファイアパンチ」

    亀仙人と同じ道だ「ファイアパンチ」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年8月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

    次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース