review

松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」発動。芸人たちが自腹で100万円を払うサバイバル

参加者10名。参加費1人100万円。笑ってしまった者は退場し、残った1人が1000万円を総取りする。

松本人志による芸人たちの笑わせあいバトル『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』が、11月30日にAmazonプライムビデオで公開された。
松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」発動。芸人たちが自腹で100万円を払うサバイバル
『HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル』(Amazonプライム)

密室のなかの「無法地帯」


松本人志からの招待を受け、100万円を払って参加したのは宮川大輔、FUJIWARA藤本、野性爆弾くっきー、東京ダイナマイト ハチミツ二郎、とろサーモン久保田、トレンディエンジェル斎藤、マテンロウ アントニー、天竺鼠 川原、ダイノジ大地、ジミー大西の10名。

参加費100万円は自腹のため、あまりの高額に招待を断る芸人もいるなか、ダイノジ大地は嫁に頼み込み、野性爆弾くっきーは吉本ファイナンスから全額を借金し、アントニーは先輩のバイク川崎バイクに50万円を借りた。最後の1人に残らないと、100万円は全てパーになる。

10人が呼び出されたのは巨大なリビングのセット。四方が壁で覆われ、観客はおろかスタッフの姿も無い「密室」。制限時間は6時間。衣装や小道具の持ち込みも可能で、相手を笑わせるなら何をしてもいい。笑ったかどうかは松本人志が別室のモニタで監視しており、レッドカードを受けた者は即退場だ。

こうした「笑わせたら勝ち対決」はこれまでもいくつか存在するが、『ドキュメンタル』が他と一線を画すのは「10人が自由に過ごす」点にある。相手を笑わせる強烈なボケに対し、FUJIWARA藤本やハチミツ二郎などの「ツッコミ」でも十分戦えるルールなのだ。

あわせて読みたい

  • 「IPPONグランプ」リ川島がバカリを!

    「IPPONグランプ」リ川島がバカリを!

  • 「キングオブコント」設楽の冷静な採点

    「キングオブコント」設楽の冷静な採点

  • キングオブコント優勝ライス会見詳細

    キングオブコント優勝ライス会見詳細

  • 凄い戦い!「IPPONグランプリ」解説

    凄い戦い!「IPPONグランプリ」解説

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2016年12月1日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュース

    次に読みたい関連記事「明石家さんま」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース