review

「去年の冬、きみと別れ」ギョっとするほど大胆な原作アレンジと味の濃い出演者に掴まれるサスペンス

叙述トリックが多用されているがゆえに、映像化が難しそうな『去年の冬、きみと別れ』。だが、この映画版は見事なアレンジで着地した作品だった。味の濃い共演者に負けず岩田剛典はかなりの善戦ぶり。ガンちゃんさん大健闘である。
「去年の冬、きみと別れ」ギョっとするほど大胆な原作アレンジと味の濃い出演者に掴まれるサスペンス

原作既読でもギョッとする、大胆な翻案


『去年の冬、きみと別れ』の原作は2013年刊行。2014年には本屋大賞にもノミネートされたミステリー小説である。通常の小説とちょっと異なり、断片的な書簡や資料、書いた人間が異なる文章などで構成された内容で、映像にするのが大変そうなタイプの作品だ。

映画では、この原作をかなり大胆に翻案している。ストーリーの根幹に関わる部分に手が入っているので、原作既読でも「大筋は見たことあるけど、なんかおれが知ってる話と違うぞ……」という感じで見られる。それでも主題は原作とそれほど変わっていないので、だいぶ頑張って脚本を練ったんだろうな……と感心してしまった。

フリーライターの耶雲恭介は、カメラマンの木原坂雄大の取材記事の企画を週刊誌編集部に持ち込む。木原坂は以前、モデルとして起用した盲目の女性を撮影中に焼死させるという事件を起こしていた。容疑者として逮捕されたが、執行猶予がつき釈放。現在も気鋭のカメラマンとして仕事を続けている。しかし、ネットではその事件の際に木原坂が撮影した写真が存在するという噂が広がっており、耶雲は真相を探るべく取材を敢行しようとしていた。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年3月13日のレビュー記事
「「去年の冬、きみと別れ」ギョっとするほど大胆な原作アレンジと味の濃い出演者に掴まれるサスペンス」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    原作読まずにがんちゃんファンの友人に誘われて見たけど、確かに配役が上手かった印象。Mummy-Dさんがいつ豹変するのかとずっと待っちゃったw

    2
  • 匿名さん 通報

    「去年の“春”、キミと別れ」になっている箇所がありますよ。さすがにタイトル間違えはどうなんでしょう。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース