review

最高の予感「あなたには渡さない」ヤバい妻とヤバい愛人のドリームマッチ!河原で果たし状って決闘かよ1話

多衣「わたくし、ご主人をいただきにまいりました。6年前からご主人とは、男と女としてお付き合いさせていただいております」

11月10日(土)、土曜ナイトドラマあなたには渡さない(テレビ朝日系)がスタートした。
主演は、『僕のヤバイ妻』(フジテレビ系)で夫やその浮気相手と殺すか殺されるかの化かし合いをしていたヤバい木村佳乃。その木村が夫と料亭をかけて争うのが、『奪い愛、冬』(テレビ朝日系)で、夫の心を繋ぎとめるために自分で自分の足に重症の怪我を負わせたヤバい水野美紀。ヤバい女とヤバい女のドリームマッチだ。最高の予感。
最高の予感「あなたには渡さない」ヤバい妻とヤバい愛人のドリームマッチ!河原で果たし状って決闘かよ1話
イラスト/まつもとりえこ

原作は、恋愛・ミステリ小説の名手・連城三紀彦の『隠れ菊』(集英社文庫)。1996年に『ゆずれない夜』として賀来千香子主演で、2016年には原題のまま観月ありさ主演で、ドラマ化されている。

ちょっと萩原聖人が何言ってるかわかんない不倫夫に


最高の予感「あなたには渡さない」ヤバい妻とヤバい愛人のドリームマッチ!河原で果たし状って決闘かよ1話
原作 連城三紀彦「隠れ菊」上巻(集英社文庫刊)

料亭「花ずみ」の若女将・通子(木村佳乃)は、板長である夫・旬平(萩原聖人)に頼まれて東京駅に人を迎えに行った。若女将とは名ばかりで、料亭は旬平と女将代理の八重(荻野目慶子)が切り盛りしている。一代で「花ずみ」を築き上げた姑・キクが、通子を料亭に関わらせなかったのだ。

東京駅で通子に声をかけてきたのは、薄水色の着物に黒い帯を締めた矢萩酒造の女社長・多衣(水野美紀)だった。多衣は、会ったばかりの通子に「わたくし、ご主人をいただきにまいりました。6年前からご主人とは、男と女としてお付き合いさせていただいております」と言い放つ。ツヤツヤの赤いネイルと、「女」と言うときの鼻にかかった発音がいやらしい。さらに多衣は「一億払ってでも旬平さんを手に入れたい」と、鬼の表情を浮かべる。多衣は、通子に旬平がサインした離婚届渡した。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2018年11月17日のレビュー記事
「最高の予感「あなたには渡さない」ヤバい妻とヤバい愛人のドリームマッチ!河原で果たし状って決闘かよ1話」の みんなの反応 9
  • 匿名さん 通報

    粘着キッショ・・・ドラマ見てないくせに個人攻撃したいだけでPV上げに来るいいファンだなw>2018/11/17 14:16

    5
  • 匿名さん 通報

    粘着かどうかは判断つかないが、ドラマを見ずに記事を読む人も多いと思うが? 14:53

    3
  • 匿名さん 通報

    不倫ドラマも気持ち悪いけど、男憎しで凝り固まっているこの記者も気持ち悪い。不倫経験者?

    2
  • 匿名さん 通報

    ドラマを見なければ記事を読んではいけないという考え方には反対だな。記事は誰が読んでもいいはず。

    2
  • 匿名さん 通報

    不倫というと男を叩けばいいという考え方はもう古いと思います。

    2
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース