review

「あなたには渡さない」「俺に未練はないのか」新しい命と贈収賄事件を巻き込んで壮大な夫婦喧嘩今夜最終回

多衣「私は何としてもあなたと旬平さんにやり直してほしいの。それが旬平さんにとっての、本当の幸せだから」

12月15日(土)放送の、土曜ナイトドラマあなたには渡さない(テレビ朝日系)第5話。

旬平(萩原聖人)がいなくなってから一年半後、「花ずみ」も通子(木村佳乃)や多衣(水野美紀)たちは、旬平の不在に少しずつ慣れていっていた。そんな中、笠井(田中哲司)が旬平の居場所を探し出し、通子に連絡をくれた。旬平は、千葉の定食屋で働いていた。
「あなたには渡さない」「俺に未練はないのか」新しい命と贈収賄事件を巻き込んで壮大な夫婦喧嘩今夜最終回
イラスト/まつもとりえこ

その一方で、多衣が妊娠していることや笠井が増収賄事件に関わっていることがわかり、通子は混乱していた。多衣と笠井は、また自分を守るために嘘を吐いているのではないか。また隠しごとをされているのではないか。通子は、そんな疑念を拭うことができずにいた。

夫を一人前に育てたかった妻、妻に褒められたかった夫



旬平は、海の近くの小さな定食屋で働いていた。普段着に前掛けをつけただけのラフな格好で、ビールを飲みながら板場に立っている。客は、近くの海で働いている男たちだ。

訪ねてきた通子を見て、旬平は黙り込む。「また黙ってはぐらかす気?」と言う通子に、旬平は「お前は、どうして店や多衣のことじゃなくて、自分のことを聞かない?」と返す。何度も繰り返してきた、質問にちゃんと答えない旬平と、自分の言いたいことを一番に言わない通子の喧嘩だ。

客は、定食屋の娘・安代(前田亜季)と旬平がまるで夫婦であるかのようにからかう。奥の部屋からは、赤ん坊の泣き声。「こどもまでいるなんて。もう、何も聞けなかった」と、通子はまた聞きたいことを聞けずに帰る。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「あなたには渡さない + 最終回」のおすすめ記事

「あなたには渡さない + 最終回」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年12月22日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. あなたには渡さない 最終回

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。