review

「転生したらスライムだった件」原作者×監督対談「物作りしたい人間には、ドンピシャで刺さる」

37歳のサラリーマン三上悟は、通り魔に刺されて死んでしまう。
しかし、人間としての記憶を残したまま、スライムとなって異世界の洞窟に転生。本来は最弱レベルのモンスターのはずが、「大賢者」「捕食者」などの希少なスキルを有して転生したこともあり、洞窟に封印されていた暴風竜・ヴェルドラと友達に。お互いに名前を付けあい「リムル=テンペスト」となると、洞窟の外の世界へと旅立つのだった。
可愛いらしい姿に似合わぬ戦闘力と知力を持ち、頼まれたら断れない性格のリムルは、ゴブリンやオーガなど多くのモンスターを危機から救い、仲間を増やしていく。

10月からスタートしたテレビアニメ『転生したらスライムだった件』、通称『転スラ』も2クール目に突入。先週放送された第15話では、主人公のリムルがついに建国! さまざまな種族が共存する「ジュラ・テンペスト連邦国」の盟主となった。クライマックスに向けて、ますます物語のスケールも大きくなっていく中、エキレビ!では、『転スラ』を生みだした原作者の伏瀬と、アニメの制作を指揮する菊地康仁監督対談インタビューを実施。前編では、アニメ『転スラ』の丁寧な描写の秘密を探っていく。
「転生したらスライムだった件」原作者×監督対談「物作りしたい人間には、ドンピシャで刺さる」
2018年10月から放送がスタートしたアニメ『転生したらスライムだった件』。アニメの原作は『月刊少年シリウス』で川上泰樹が連載中の漫画版だが、その原作は小説で、原作者の伏瀬は漫画版の監修も行っている

役者さんの芝居をどんどん拾って、膨らませている


──原作者である伏瀬さんは、放送中のアニメをどのような気持ちで観ていますか?

伏瀬 毎週、とても楽しく見させて頂いていますし、すごく良い出来なので大満足しています。

菊地...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2019年1月22日のレビュー記事
「「転生したらスライムだった件」原作者×監督対談「物作りしたい人間には、ドンピシャで刺さる」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    続編期待!!!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース