review

バカリズムはなぜフリップを客にあげたのか。芸人たちのネタを紐解く『売れるには理由がある』

タモリなら「四カ国語麻雀」、ウッチャンナンチャンなら「レンタルビデオショップ」、ダチョウ倶楽部なら「どうぞどうぞ」、レイザーラモンRGなら「あるある早く言いたい」。

人気芸人には、記憶に残る“ネタ”がある。それは漫才かもしれないし、コントかもしれない。ドッキリに対するリアクションや、ハプニングに思わず発した一言でもいいだろう。

これらのネタから芸人を掘り下げるのが、戸部田誠『売れるには理由(わけ)がある』(太田出版)だ。まえがきの「ネタを語ることはそのままその芸人を語ることでもある」の言葉の通り、ブレイクするきっかけとなったネタを入り口に、ルーツや方法論、生存戦略に至るまで、豊富なエピソードから芸人たちを切り取っていく。

目次に並ぶのは、総勢43組の芸人と「代表作」の組み合わせ。横山やすし・西川きよしからハリウッドザコシショウまで、新旧織り交ぜた圧巻のラインナップだ。
バカリズムはなぜフリップを客にあげたのか。芸人たちのネタを紐解く『売れるには理由がある』
戸部田誠『売れるには理由がある』(太田出版)

「売れる」ルートに王道はない


ひとくちに「売れる」といっても、その頂にたどり着く年月やルートはさまざま。たとえばナイツが「ヤホー漫才」を生み出すまでは、7年の月日を必要としている。

事務所の方針で内海桂子の弟子になったナイツ。当初は大きくボケて大きくツッコむ王道スタイルの漫才だった。毎日浅草の舞台に立つも、なかなか芽が出ない。あるとき、ビデオに撮った自分たちの漫才を見返してみると、「本日はお足元の“クサイ”なか、よく来てくださいました」などの小ボケがウケていることに気づく。「こういうことばかりやろうぜ」と生まれたのが「ヤホー漫才」だった。

あわせて読みたい

  • あの日「いいとも」が取り戻した日常

    あの日「いいとも」が取り戻した日常

  • 全員集合vsひょうきん族から凄絶なTV史

    全員集合vsひょうきん族から凄絶なTV史

  • 日テレの「えげつない勝ち方」と逆転劇

    日テレの「えげつない勝ち方」と逆転劇

  • 一発屋が一発屋直撃「一発屋芸人列伝」

    一発屋が一発屋直撃「一発屋芸人列伝」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2019年4月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    次に読みたい関連記事「出版」のニュース

    次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース