review

「サギデカ」「私ね、犯罪者の娘なのよ」加害者への思いやりと同情は違う。木村文乃の危うい涙が示した3話

「やり方を変えなきゃいけなくなった。私ね、犯罪者の娘なのよ」

9月14日(土)放送のNHK土曜ドラマ『サギデカ』(NHK総合)第3話。
詐欺を追いかける警察官・今宮夏蓮(木村文乃)は、4歳の頃に両親を亡くしている。今宮の両親は、借金の返済のために詐欺をおこなっていた。今宮は、自分がその詐欺を手伝っていたことをついに思い出した。
「サギデカ」「私ね、犯罪者の娘なのよ」加害者への思いやりと同情は違う。木村文乃の危うい涙が示した3話
イラスト/たけだあや

二人の「詐欺師の娘」と、主人公の危うさ


3話では、2人の「詐欺師の娘」が描かれた。ひとりは、自分が詐欺師の子だということを忘れていながらも、犯罪に惹かれ警察官になった今宮。もうひとりは、自分も詐欺師になった福田亜佐美(古川琴音)。

福田は、都道府県をまたいでキャッシュカード詐欺をおこなっていた。元号が変わったことを理由にキャッシュカードを新しくしなければいけないと言って、老人からカードと暗証番号を受け取る。

住所不定のまま両親を乗せた車で生活していた福田。元々は父親(牧トオル)が詐欺をしていた。特に強制されているわけでもなく、彼女はそれを受け継いでいた。

福田「死ねば良かったのにな。じゃないと、終わらない」

自分に対して「死ねば良かったのに」と言っているようでもあり、虐待をおこなってきた父親に対しての台詞にも聞こえる。

今宮「あなたがいまやっていることは、復讐?」
福田「どうだろう。復讐って言われると少し、違うのかも。なんだろう。言わせたいんだと思う、あの二人に。『あなたがいてくれて良かった』って」

あわせて読みたい

  • 豊作!振り込め詐欺ドラマ「サギデカ」

    豊作!振り込め詐欺ドラマ「サギデカ」

  • 振り込め詐欺ドラマ「スカム」完結総括

    振り込め詐欺ドラマ「スカム」完結総括

  • 驚異のドラマ「スカム」今夜最終回必見

    驚異のドラマ「スカム」今夜最終回必見

  • 振り込め詐欺ドラマ「スカム」台詞の力

    振り込め詐欺ドラマ「スカム」台詞の力

  • レビューの記事をもっと見る 2019年9月21日のレビュー記事
    「「サギデカ」「私ね、犯罪者の娘なのよ」加害者への思いやりと同情は違う。木村文乃の危うい涙が示した3話」の みんなの反応 1
    • 匿名さん 通報

      木村文のってなんかこのしゃべり方とか声とかあと演技も苦手。演技ぶっちゃけ下手だよね?

      1
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら