review

「ドクターX」ドラマでは何かよく分からなかった「ドミノ肝移植手術」について調べてみたら凄かった2話

米倉涼子主演の人気医療ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」第6シリーズ(テレビ朝日系・木曜21時〜)。

難病患者が登場して、医局が勧める医師がAIの指示に従って手術したけど失敗。それを大門未知子(米倉涼子)が超絶手術で助ける……といういつもの展開。

三人の肝臓をドミノ式に移植していくというトリッキーな手術をしていたが、あの手術は現実にあり得るのか? 調べてみた。
「ドクターX」ドラマでは何かよく分からなかった「ドミノ肝移植手術」について調べてみたら凄かった2話
イラストと文/北村ヂン

ドナーがいない二人の患者をまとめて救う奇策は


今回は、肝臓移植が必要な二組の患者が登場。

一人目はニシキグループのCEOで大金持ちの二色寿郎(モロ師岡)、二人目はドミノ師(そんな職業あるんだねぇ)の古沢研二(清原翔)。

どちらも、肝臓移植ができれば治療可能な病気ではあるが、日本での生体肝移植はおおむね家族間でしか認められていないため、ドナーがいないのだ。

二色の妻や子どもたちは臓器提供を拒否。浮気を繰り返し、暴力を振るってきたため、家族仲は最悪。自分の内臓を切ってまで助けたくないという。

しかし二色は病気が完治したら病院へ10億円の投資を約束しており、コストカッターの副院長・ニコラス・丹下(市村正親)は最優先で治療にあたろうとしていた。

一方、ドミノ師・古沢は家族もいないし金もないしで、入院費すら払えず病院を追い出されそうになっている。恋人・由理(上白石萌歌)が臓器提供を申し出ているが、家族ではないためドナーにはなれない。

病院から優遇される金持ちと、追い出されようとしている貧乏人という分かりやすい図式。

あわせて読みたい

  • テレ朝「白い巨塔」放送記念で説を検証

    テレ朝「白い巨塔」放送記念で説を検証

  • 最終回 リーガルV 向井理いいとこ取り

    最終回 リーガルV 向井理いいとこ取り

  • 「黒革の手帖」米倉版と武井咲版を比較

    「黒革の手帖」米倉版と武井咲版を比較

  • 今夜最終回「ぎぼむす」佐藤健愛の告白

    今夜最終回「ぎぼむす」佐藤健愛の告白

  • レビューの記事をもっと見る 2019年10月31日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。