review

「歯姫」「編集の殺し屋」「アンタッチャブル復活」2019年のテレビで起きたミラクルを総括ご報告

「歯姫」「編集の殺し屋」「アンタッチャブル復活」2019年のテレビで起きたミラクルを総括ご報告
「井上マサキのテレビっ子からご報告があります」第22回。ライターでテレビっ子の井上マサキでございます。この連載は日々テレビを見ていて気になった細かいこと、今のアレってアレなんじゃないのと思ったことを、週報代わりにご報告できればと思っております。どうぞよろしくお願いします。

バックナンバーはこちらから

テレビには奇跡が起こることがある。とんでもないクオリティの企画が生まれたとき、降りかかったハプニングをどうにか回避しようとしたとき、過去のわだかまりが時間と共に消えたとき……演者やスタッフの意図にかかわらず、思って見なかった景色が見えることがある。

2019年も例外ではない。連載「テレビっ子からご報告があります」から、今年テレビに起きた「奇跡」をまとめてご報告しておきたい。

「脱出できない」ななまがりと粗品


2019年の一大ニュースといえば、元号が平成から令和に変わったことだろう。「令和」発表の瞬間を固唾をのんで見守った人も多いに違いない。3月から4月にかけ、平成を振り返る番組がたくさん作られ、改元の瞬間は各局が特番を組んだ。しかし年越しと勝手が違い、除夜の鐘も「あけましておめでとう」的なものもなく、盆踊り会場やジュリアナから中継したりして、大変ふんわりした時間が流れていたのは記憶に新しい。

その改元を奇跡に変えたのが、5月8日放送『水曜日のダウンタウン』(TBS)の「新元号を当てるまで脱出できない生活」だった。お笑いコンビ「ななまがり」が3月31日の夜に連れさられ、一切の情報を遮断されたまま「令和」を当てるまで脱出できない生活を送る。最初こそ「笑国(えこく)」「現希(げんき)」「歯姫(はひめ)」など、全く見当違いの元号を発表する二人だったが、番組が用意した秀逸なヒント(条件が一致すると光るランプ)をもとに、運と知恵を味方につけて「令和」にたどり着くプロセスは圧巻だった。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「「歯姫」「編集の殺し屋」「アンタッチャブル復活」2019年のテレビで起きたミラクルを総括ご報告」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ネット(メール)ができないと連絡手段が取れない時代になったな。テレビと郵便は完全にサブに。

    0
この記事にコメントする

「連載 + 漫画」のおすすめ記事

「連載 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月28日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 連載 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。