朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第10週「1962」

第43回〈1月3日(月)放送 作:藤本有紀、演出:松岡一史〉

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第43回 カムカムと『大豆田とわ子と三人の元夫』の関連性を妄想する
写真提供/NHK

※本文にネタバレを含みます

※朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第44回のレビューを更新しましたらTwitterでお知らせしています


宇宙人の名前が判明した

母・安子(上白石萌音)と哀しい別れを経験し大人になったるい(深津絵里)は岡山から大阪に単身出て来て、竹村クリーニング店に住み込みで働くことになった。

【レビュー一覧】朝ドラ『カムカムエヴリバディ』のあらすじ・感想(レビュー)を毎話更新(第1回〜43回掲載中)

新天地での生活。そこで知り合った客の片桐(風間俊介)に心惹かれる。トントン拍子に映画デートするも、いたずらな風のせいで台無しに……。

るいをあたたかく見送った竹村夫妻(村田雄浩、濱田マリ)は「よっぽど甘えることになれてへんのやろ」「あの子の笑た顔が哀しそうにしか見えへんのや」「デート、楽しんでるといいね」などとるいの過去を慮(おもんぱか)る。当人にはあくまで明るく接し、その裏では心配している。とても理想的な接し方である。当人に向かっていかにも心配しているように振る舞うと萎縮してしまうものだから。

その頃、るいはデートの楽しみはあっけなく終わり、その代わりにジャズ喫茶「Night and Day」でトランペットの演奏を楽しんでいた。演奏しているのは、るいが「宇宙人」とあだ名をつけた男(オダギリジョー)だった。普段とは打って変わって髪をオールバックにきちっとセットし、スーツを着て見違えるよう。それをうっとり見ているべリ−(市川実日子)といけすかない態度で見ているトミー(早乙女太一)。トムはすかして見えるが、たとえ話はコッテコテの関西ふうだった。

宇宙人の名はジョー。ジョーとかトミーとかベリーとか日本人なのに外国の名前で呼び合う人達に、「何ここ。何この人ら。ついていけん」と心の中でつぶやくるい。

この日の名セリフは「なんでいちいち語尾に名まえをつける?」であろう。彼らがいちいちセリフのあとに「〜〜〜、ジョー」「〜〜〜、トム」とかつけるのは演劇的だし、ラジオドラマの名残もあるかもしれない。テレビだったら話しかけた人物の顔を映せば済むが、音だけだと誰に言っているかわからないから。

あるいは、視聴者に名前を早く覚えてもらうためだろうか。いや、ここで名前を強調しているのは、ジョーがるいを「サッチモ」と呼ぶことを強調するために違いない。

朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第43回 カムカムと『大豆田とわ子と三人の元夫』の関連性を妄想する
写真提供/NHK

るいとジョー、ようやくお互いの名前を認識すると、ジョーは「やっぱりジャズが好きなんや」と鋭い洞察力を発揮する。その推測は半分合っていて半分違っている。ジャズが好きなのはるいの父・稔(松村北斗)と母・安子であった。るいがジャズを父母にならってそのまま好きかはここではまだわからない。どちらかというと読書のほうが好きそうである。

映画の帰り、ひとりでジャズ喫茶に入るということから素養はありそうに感じるが、「サッチモのるいと違うの?」と訊かれて、「なんじゃサッチモって」と、ルイ・アームストロングの愛称がサッチモであることをるいは知らない。

たしかにルイ・アームストロングとサッチモには直接的な関連性はなく、略称でもなんでもない。サッチモとは「satchel mouth」(大きな口)や「Such a mouth!」(なんて(大きな)口)という言葉から来たあだ名である(諸説あり)。定一の営んでいたジャズ喫茶の店名で、出歯口の憂鬱と訳されたディッパーマウス・ブルースもルイ・アームストロングのあだ名のひとつであったとか(このタイトルの楽曲もある)。なにかと「口」に注目されていた。

現代だったら身体的特徴をあだ名にするなんてハラスメントになりそうだが。そんなことよりもるいは、ジョーの服にいつもついているケチャップの秘密を知り、「洗いてー。いますぐ洗いてー」と心の中はそれでいっぱいになる。


この記事の画像

「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第43回 カムカムと『大豆田とわ子と三人の元夫』の関連性を妄想する」の画像1 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第43回 カムカムと『大豆田とわ子と三人の元夫』の関連性を妄想する」の画像2 「朝ドラ『カムカムエヴリバディ』第43回 カムカムと『大豆田とわ子と三人の元夫』の関連性を妄想する」の画像3