女優の林依晨さんに非難殺到「靖国神社マークの服着た」

 8日付天府早報によると、台湾籍の女優、林依晨さんが、出演したテレビドラマ『射雕英雄伝』の中で、「靖国神社のマークをつけた衣裳を着た」として、中国のインターネットの掲示板などに非難が相次いだ。

 林さんは劇中で、天皇・皇室の紋として定着している「菊花紋」と内閣総理大臣紋として使われている「桐花紋(五七の桐)」に似た模様がちりばめられた衣裳を着用した。インターネットの掲示板には、「菊花紋」を靖国神社の紋と決めつけ、「日本の軍国主義の図案がある衣裳を着た。中華民族に対する裏切り行為」、「日本市場に進出するために、靖国神社の服装をした」などとの非難が寄せられた。

 「デザイナーを殴ってやる」などの書き込みもある。「五七の桐」は「もともと足利家の紋」などと紹介されたが、「そんなにすばらしい模様か?」との批判がある。「たいした問題ではない」との書き込みには「本当の中国人だったら、恥ずかしさと怒りを感じるはずだ」との反論が寄せられた。

 ドラマを制作した会社広報は「たしかに日本の皇室の菊花紋に似ているが、(ドラマの舞台になった)唐の時代には、広く使われていたデザインだ」、「中国国内で買った布地で仕立てた」、「衣裳は2回使っただけ。日本進出と関係するわけがない」などと説明した。

 中国では2001年、ファッション誌で日本の旭日旗(軍旗)を思わせるデザインの衣裳を着た女優のヴィッキー・チャオ(趙薇)さんの写真が掲載され、非難が殺到。チャオさんが謝罪文を発表したことがある。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
小泉いまだ憎し? 「チャイナ服姿で売り出し」も低評価(2008/10/20)
南京虐殺記念館「問題の写真、日中で異なる見解ある」(2008/12/21)
南京大虐殺記念館が産経新聞に反発「写真撤去はない」(2008/12/20)
終戦の日、中国メディアが戦後日本の平和主義を強調(2008/08/15)
政治>国際関係>日中関係 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年1月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。