中国にはなぜ無数の日本ファンがいるの? 「日本は一度では満足できない国」=中国メディア

 日本旅行に来る中国人はますます増加しているが、何度も訪日するリピーターも少なくない。日本は一度訪れると「また訪れたくなる」魅力があると言えそうだ。中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国にはなぜ無数の日本ファンがいるのか」と題する記事を掲載した。「一度訪れただけでは満足できない」理由を紹介している。

 記事の中国人筆者自身も、一度日本に来てからというもの、日本の「ファン」になってしまったそうで、今回は幼い子どもを連れて家族で訪日したそうだ。日本のどこが中国人の心をとらえるのかを紹介している。

 まずは、「四季折々の良さがある」と紹介。特に4月と11月が人気で、満開の桜はおとぎ話のように美しく、春のそよ風を受けて降る花吹雪は心を溶かすと称賛。秋の日本も人を酔わせ、夏の花火と冬の雪もまたそれぞれに良い、と魅力を伝えた。さらには、「交通」が便利で、交通カードを購入すれば済むので楽だと紹介。また、公共交通機関は利用者目線の親切なサービスが多く、例えばバスは下車する時に片側が傾くと紹介した。親切なサービスは交通だけでなく、各施設でも見られ、授乳室やベビールームがたくさんあるので「子どもを連れた旅行者にもおすすめ」と親の目線から紹介している。

 親切さは駅員や道を尋ねた時の相手も同じで、子どもに優しくしてくれたり、地図を手書きしてくれたり、途中まで一緒に行ってくれた人など、親切な人に何度も出会い、「こういうことが度重なり、また行きたくなるのだ」と日本の良さを伝えている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク