日本で大きな地震が起こると、なぜ世界の半導体産業が「震える」のか 

日本で大きな地震が起こると、なぜ世界の半導体産業が「震える」のか 
中国のポータルサイトに「どうして日本で地震が発生すると、世界の半導体産業がそれにつられて『震える』のか」とする記事が掲載された。(イメージ写真提供:123RF)<br>(サーチナ)
 中国のポータルサイト・百度に26日、「どうして日本で地震が発生すると、世界の半導体産業がそれにつられて『震える』のか」とする記事が掲載された。

 記事は、2月13日に日本でマグニチュード7.3の大きな地震が発生し、半導体産業に大きな影響が出たと紹介。地震の震源に近く、半導体企業の拠点が多く存在する福島県と宮城県で揺れが大きかったことから、世界の半導体供給が滞る可能性があるとの憂慮が広がったと伝えている。

 そして、地震発生後に日本の東北地方では少なくとも10基の火力発電ユニットが一時停止し、大規模な停電や断水が発生したと説明。半導体製造工場は通常24時間稼働しており、ひとたびトラブルで停電が発生し生産ラインがストップした場合には、被害状況の検査や生産ライン上の製品への影響を検査するために一定期間稼働を止める必要があるのだとした。

 また、2011年の東日本大震災発生時にも、岩手県など被害の大きかった地域にある東芝やルネサスなどの半導体工場が軒並み生産停止を余儀なくされたことで、世界の半導体市場価格が急上昇したと紹介している。

 記事は、日本で大きな地震が起こるたびに世界の半導体産業が一緒に「揺れ」を起こす主な理由として、日本の半導体産業が強い実力を持っていることを指摘。日本は半導体を製造する上で欠かせない原材料とハードウェアで強みを持っており、半導体材料では世界で50%以上のシェアを持っているとした。そして、近年中国をはじめとする新興国による追い上げが始まっているものの、これまでの長きに渡る技術的な蓄積と、新しい技術を生み出す力の強さにより、今後も長時間にわたって日本が半導体材料分野で大きな存在感を示し続けるだろうと予測した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)


【関連記事】
先進国の日本が新型コロナワクチンを自ら開発しない理由
経済、軍事、政治、いずれの面からも日本を小国と侮ってはいけない
日本で自殺した中国人女子留学生「日本は悪くない、むしろ救ってくれた」
日本は、大都市や名所よりも名も知らぬ「小さな街」にこそ魅力がある
中国人から見れば日本人は融通が利かない、でもそれが法治国家の根幹なのだ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月1日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。