bit

肝臓の悲鳴はココに……忘年会前に要チェック! 危険のサイン5つ

2011年もあと少し。今週は忘年会ラッシュ!? 毎日飲み会という方も多いのではないでしょうか……。肝臓は強いから大丈夫! と思っていても、飲み過ぎは禁物。肝臓は確実に悲鳴をあげています。

「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓は、調子が悪くても、臓器自体に痛みを感じたりしません。だからこそ、気づきにくいのです。「最近ココがずっと調子悪くて……」と悩んでいる原因は、実は肝臓にあるかもしれません。今回、肝臓による不調のサインはどこにあるのか、飲み会前に大変お世話になる「ヘパリーゼ」を製造・販売していることでも有名なゼリア新薬さんに聞いてまいりました。

下記5項目、アナタはいくつ当てはまりますか?

【1】お酒の酔いが早くなった
いつもたくさんお酒を飲む人が、少しの量のお酒で酔うようになった場合、アルコールが分解されて生じるアセトアルデヒドを解毒する肝臓の機能が低下している証拠。
肝臓のケアを心がける必要があります。

【2】キズの治りが遅い、化膿しやすい
肝臓は代謝をつかさどるため、肝臓の調子が悪いと皮膚の再生スピードも遅くなります。
また肝臓の解毒作用も弱まるため、菌が繁殖しやすくなり、結果としてキズが治りにくく、化膿しやすくなります。

【3】ニキビや吹き出物が多くなった
皮脂の分泌を促進するのが黄体ホルモン。肝臓には余分な黄体ホルモンを破壊してホルモンバランスを整える働きがありますが、肝臓が弱ると、この働きが衰えるため、過剰に皮脂が分泌され、ニキビや吹き出物が多くなります。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク