review

わけわかんない、でも面白い。動画再生100万回突破アニメ「京騒戯画」ついにTV進出発表レポ

わけわかんない、でも面白い。動画再生100万回突破アニメ「京騒戯画」ついにTV進出発表レポ
左から関、矢尾、鈴村、釘宮、斎藤、たむらぱん
「京騒戯画、ついにテレビアニメ化決定〜!」

9月1日「キャラホビ2013」にて、「京騒戯画」のテレビアニメ化が発表され、登壇者たちが声を揃えて放った第一声。

登壇者は釘宮理恵(コト役)、鈴村健一(明恵役)、斎藤千和(ショーコ博士役)、矢尾一樹(宮司役)、そして関弘美プロデューサーという豪華な顔ぶれ。

“ついに”テレビアニメ化ってどういうこと?
と思った方もいると思うので、まずは「京騒戯画」の概要を説明します。

「京騒戯画」は、2011年7月に「キャラホビ2011」でプロモーション映像を公開、2011年12月にWebアニメとして第一弾(全1話)が配信(レビューはこちら)、続いて2012年8月より第二弾(全5話)が配信(レビューはこちら)。
そして第一弾、第二弾の動画再生回数が累計100万回を突破するという快挙を成し遂げ、その結果がアニメ化決定につながったということで“ついに”という表現になっているのです。

物語の舞台は、人間・妖怪・ロボットが共存する“鏡(きょう)都(と)”。
登場人物は母親を捜す14歳の少女コト、父の帰りを待ち続ける坊主・明恵、その兄の鞍馬と姉の八瀬。
ストーリーでは“鏡都”の再生とある一家を巡る愛が描かれます。
(公式PVロングバージョンはこちら


「去年のステージで、みなさんに観ていただければテレビアニメ化します、言ったんですが、こんなに早くにアニメ化決定になりました。あと、バンプレストの

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年9月2日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。