『マンガの食卓』なんてガイド本が出版される昨今、世は食マンガ百花繚乱といった感がある。そんな中、「どう食べるか」に軸足を置き、人気を集めているのがおおひなたごうの『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』だ。先だって最新刊(3巻)が発売され、4日間限定でアニメ版の放送も始まっている(2014年8月4〜7日/深夜0:10〜35/NHK総合)。

本作の主人公は、田宮丸二郎。仕事はゆるキャラのアクター(着ぐるみの中の人)である。マジメで誠実な人間だが、この男、たいへん面倒くさいヤツなのだ。

第1話は、恋人のみふゆと初めての迎えた朝から始まる(アニメ版も同様)。朝といえば、まずは朝食である。半熟の目玉焼き(付け合わせはソーセージとほうれん草)、味噌汁、ご飯を並べるみふゆ。二郎も満足そうである。が、そこにおびただしい数の調味料をドカっと並べられ、ぎょっとする。これは目玉焼きにかける調味料の好みが千差万別なことを汲んでの、みふゆなりの気遣いであった。しかし、そこに男性遍歴を邪推してしまうのは悲しい男の性か(調味料の数だけ男あり?)。

ひとまず、共に醤油派であることを確認し合ったのち、二郎は目玉焼きの黄身をつぶす。そして、そこに付け合わせのほうれん草と切り取った白身を絡め、口に運ぶ。シンプルながら奥深い味わいに恍惚、白飯もすすむ。しかし、みふゆの皿に、目玉焼きの黄身部分「のみ」が残されているのに気付き、再びぎょっとする。そして、みふゆはそれを一口で食べてしまう。

この記事の画像

「深夜の空腹時を襲う「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」という大問題」の画像1 「深夜の空腹時を襲う「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」という大問題」の画像2 「深夜の空腹時を襲う「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」という大問題」の画像3